ダグラス・マッカーサー

ダグラス・マッカーサー
厚木基地 ダグラス・マッカーサー(撮影 2013.4.27)

 第二次世界大戦後に日本を占領した連合国軍の最高司令官や、アメリカの植民地のフィリピンの高等弁務官などを務めた。第二次世界大戦終戦まもなく、厚木基地に到着し占領政策の第一歩が踏み出された。

米海軍・海自航空機地上展示会場
厚木基地 日米親善春祭り

 厚木基地は旧日本海軍厚木飛行場は艦載機訓練場として計画し整備がされ、本土防衛の主要基地として役割を果たし、第二次世界大戦後は、行場としては使用されず、一時キャンプ座間の資材置き場として使用されるなど、米陸軍の輸送基地として任務を担った。現在は、綾瀬市と大和市にまたがる飛行場で、アメリカ海軍と海上自衛隊が共同で使用している軍事基地。県内で唯一、固定翼ジェット機が離着陸できる航空施設である。航空管制は海上自衛隊が行なっている。

週末ウォーキング