タウンゼント・ハリス

タウンゼント・ハリスの碑
玉泉寺 タウンゼント・ハリスの碑(撮影 2017.8.12)

 安政3年(1856)、サンジヤシントン号に乗ったタウンゼント・ハリスは下田に入港し、玉泉寺を領事館とした。ハリスの使命は、日本との通商条約の締結にあり、交渉は江戸幕府の引きのばし策もあったが、粘り強い交渉を行った。

ハリス看護
唐人お吉記念館 ハリス看護(撮影 2017.8.12)

 安政4年(1857)に、体調を崩したハリスのもとに看護婦の名目でつかえたお吉だが、お吉の腫れ物を嫌がったため、3日後には解雇された。

牛乳の碑
玉泉寺 牛乳の碑(撮影 2017.8.12)

 玉泉寺本堂前には、ハリスが体調を崩した時、牛乳を献上したことを記念する牛乳の碑がある。

タウンゼント・ハリスの碑
善福寺 タウンゼント・ハリスの碑(撮影 2017.3.12)

 安政5年(1858)6月に締結された日米修好通商条約により、それまで下田にいた総領事ハリスを公使に昇格させ、安政6年(1859)善福寺をアメリカ公使館として8月に赴任した。当時の宿館としては、奥書院や客殿の一部を使用していたが、文久3年(1863)の水戸浪士の焼き討ちで書院などが焼失したため、本堂、開山堂なども使用した。

遺米使節記念碑(日米修好通商条約)
芝公園 遺米使節記念碑(日米修好通商条約)(撮影 2017.3.12)

 万延元年(1860)新見豊前守正興一行は、日米修好通商条約批准書交換の使命をおびて江戸竹芝より米艦ポーハタンに搭乗、初の使節として米国に赴いた。この記念碑は、遺米使節渡航より百周年を記念したものである。

週末ウォーキング