丹頂鶴自然公園 タンチョウ

丹頂鶴自然公園 タンチョウ
撮影 2000.8.8

 古くから伝わる民話の中にも登場するタンチョウは、江戸時代まで各地でその姿を見ることができた。明治に入り個体数か減少し、全く姿見られくなった。大正13年(1924)、十数羽のタンチョウが釧路湿原に確認されて以来、地元の方々の努力によって保護活動が進められ、昭和27年(1952)、国特別天然記念物に指定された。

週末ウォーキング