寸沢嵐石器時代遺跡 敷石住居跡

寸沢嵐石器時代遺跡 敷石住居跡
撮影 2001.10.13

 縄文時代後期初めの敷石住居跡。5.2mX45mのほぼ円形の範囲に、直形30cm前後の河原石を平らに敷きならべ、その隙間には小石を槙充しており、また中央に自然石を組み合わせた炉址をもっていた。土器片のほかに、打製石斧、石七、石鏃、石皿等が出土している。(国史跡

週末ウォーキング