鎌倉 若宮大路

鎌倉 若宮大路
撮影 1999.10.31

 若宮大路(国史跡)は、由比ヶ浜から鶴岡八幡宮への参道である。発掘調査の結果、一の鳥居から社頭にかけては、若宮大路は現在よりも広い道で、13世紀末期以降には両側に側溝があり、その外側は屋敷の板塀で区切られていた。東側には将軍御所(幕府)や北条氏などの屋敷もあって防衛線のような役割をはたしていたと推定されている。

週末ウォーキング