建長寺 三門

建長寺 三門
建長寺 三門(撮影 2007.11.25)
 三門(国重要文化財)は空・無相・無作の三説脱門の略称である。現在は安永4年(1775)建立の三間一戸の重層門で、室町期の禅宗様を踏襲している。
大扁額
大扁額(撮影 2007.11.25)
 三門には後深草天皇筆と伝える扁額「建長興国禅寺」が掲げられ、2階には釈迦如来坐像ならびに江戸期の銅造五百羅漢が安置されている。
週末ウォーキング