清水寺 奥院

清水寺 奥の院(重要文化財)
撮影 2010.1.11

 洛陽三十三所観音霊場第十一番札所(国重要文化財)。清水寺の起こりとなった「音羽の瀧」の真上に建ち、開基行叡居士と、開山延鎮上人が修行した旧草庵跡と伝えられている。現在の建物は、本堂と同時期の寛永10年(1633)に再建された。

週末ウォーキング