東大寺 二月堂

東大寺 二月堂(国宝)
撮影 2010.1.10

 法華堂北の階段をのぼった高台に西面して立つ。舞台からの眺めがよく、信貴・生駒の連山まで望める。ここで、通称お水りと呼ばれる東大寺修二会が行われる。752年に始められた十一面悔過会が、のちにこの建物で行われるようになったものであり、今や南部を代表する行事として有名である。この建物で、旧暦2月に修二会が行われることから、二月堂(国宝)とよばるようになった。

週末ウォーキング