新田義貞

生品神社 新田義貞像
生品神社 新田義貞像(撮影 2012.6.24)

 新田義貞は、鎌倉時代末期~南北朝時代の郷土武将、清和源氏新田氏嫡流、元弘3年(1333)生品神社で挙兵。鎌倉幕府を倒し建武新政の中核となり、武者所頭人・左近衛中将に任ぜられる。

生品神社 新田義貞挙兵伝説地(鎌倉攻め)
生品神社 新田義貞挙兵伝説地(鎌倉攻め)(撮影 2012.6.24)

 元弘3年(1333)5月8日早朝、新田義貞率いる新田一族は、新田荘の生品神社で挙兵し、笠懸野へ押しだした。義貞軍がまず向かったのは、八幡荘(高崎市・安中市)である。ここで宿営したのち、幕府に不満をもつ武士をつぎつぎと加えながら、義貞軍は鎌倉街道上道を南下した。途中の武蔵国将軍沢郷(埼玉建嵐山町)も世良田氏の所領であり、9日ここに宿営し兵を休めたとみられる。

分倍河原駅前 新田義貞像
分倍河原駅前 新田義貞像(撮影 2012.6.10)

 分倍河原の戦いでは、上野国新田荘において挙兵した新田義貞は、利根川をわたって武蔵国を南下し、入間川(狭山市内)と久米川(東村山市内)の陣で鎌倉幕府側を打ち破り、15日多摩川分倍河原に迫っている。分倍河原での幕府側の奮戦により、義貞は武蔵国分寺を焼いていったん後退するが、16日同河原において幕府軍を一気に襲い勝利を収めた。

稲村ヶ崎 史跡
稲村ヶ崎 史跡(撮影 1999.11.27)

 鎌倉時代、稲村ヶ崎は鎌倉の西の境界の地であり、稲村ヶ崎の名が広く知られているのは、新田義貞の鎌倉攻めのとき、義貞が竜神に祈願して海中に黄金造りの太刀を投じて海岸を徒渉したとの故事のためである。この故事は『太平記』に語りつがれていたもので、今でも一般に親しまれているが、『梅松論』や軍忠状から、ここの主戦場は霊仙山にあった仏法寺であることがわかった。
 18日に鎌倉を包囲、22日得宗北条高時以下を自刃に老い込み、鎌倉幕府を滅ぼした。
 延元3年(1338)越前藤島の戦いで壮絶な最期を遂げた。

週末ウォーキング