石垣山一夜城歴史公園

石垣山一夜城歴史公園
石垣山一夜城歴史公園(撮影 2000.4.8)
 石垣山は、小田原市早川集落の西北、箱根外輪山の東端に位置し、標高241mで、山頂には豊臣秀吉小田原北条氏を攻めるための本営として築かれた城の跡、太閤一夜城址(景勝50選)(国史跡)がある。
二の丸広場
二の丸広場(撮影 2000.4.8)
 天正18年(1590)4月、箱根山を越えて湯本の早雲寺に本陣を置いた秀吉は、昼夜兼行で京都聚楽第や大坂城に劣らない築城を命じた。箱根外輪山の木をきり、近隣の岩山から石材を切り出すという勇壮果敢な工事が行われた。
 こうした秀吉の小田原攻めが、北条軍に与えた影響は大きく、それまで秀吉はたびたび降伏勧告をしてきたが、それに応じなかったさしもの北条氏も、この城が完成して間もない7月7日、ついに小田原城を明け渡し、滅びてしまった。
展望台
展望台(撮影 2000.4.8)
 公園(公園50選) 内にある物見台・展望台からは、小田原城や相模湾が一望できる。他に、家族連れで遊べる二の丸広場や、本丸跡、天守台跡、南曲輪跡などが残っている。
週末ウォーキング