旧三笠ホテル

旧三笠ホテル
撮影 2001.7.21

 旧三笠ホテル(国重要文化財)は、日本郵船や明治製菓の重役を務め実業家の山本直良(1870〜1945)が創業しました。明治37年(1904)にホテルの工事を始め、翌38年に竣工しました。アメリカで設計を学んだ岡田時太郎の設計で、すべて日本人によってつくられている。
 ホテルの営業は明治39年(1906)5月に開始されました。電灯によるシャンデリア照明、英国製タイルを張った水洗便所、英国製のカーペットの採用など、当時の最先端・最高級の設備が整えられている。

週末ウォーキング