東京国立博物館

本館
上野公園 本館(撮影 2013.5.8)
 わが国最初の博物館(国重要文化財)は、明治4年(1871)湯島聖堂大成殿に設けられた。明治14年(1881)寛永寺本坊跡に、ジョサイア・コンドルの設計によるレンガ造2階建(当時の日本最大のレンガ造建物)の上野博物館が完成し、ここに移された。明治33年(1900)帝室博物館と改称された。
 大正12年(1923)の関東大震災で本館は失われ、昭和12年(1937)に「日本趣味を基調とする東洋式」の重々しい瓦屋根をもつ現在の本館が完成した。
表慶館
表慶館(撮影 2013.5.8)
 表慶館は明治33年(1900)、皇太子(後の大正天皇)のご成婚を記念して計画され、明治42年(1909)に開館した、日本ではじめての本格的な美術館である。
法隆寺宝物館
法隆寺宝物館(撮影 2013.5.8)
 明治11年(1878)に奈良・法隆寺から皇室に献納された宝物約300件を収蔵。中2階は関連図書などが閲覧できる資料室。1階にレストラン。現在の法隆寺宝物館は平成11年(1999)開館した。
平成館
平成館(撮影 2013.5.8)
 平成館の2階は特別展専用の展示室。1階は考古展示室、企画展示室、講堂、ラウンジ、ドリンクコーナーなど。平成11年(1999)開館した。
東洋館
東洋館(撮影 2013.5.8)
 東洋館は中国、朝鮮半島、東南アジア、西域、インド、エジプトなどの美術と工芸、考古遣物を展示。別棟にレストランがある。昭和43年(1968)開館した。谷口吾郎設計。平成25年(2013)1月リニューアルオープンした。
週末ウォーキング