国立科学博物館 日本館

国立科学博物館 本館
国立科学博物館 日本館(撮影 2013.5.8)

 国立科学博物館(国重要文化財)は、昭和6年(1931)11月の設立で、その発端は、明治4年(1871)本郷湯島の聖堂で、世界博覧会への日本からの出品物を集め、翌年3月10日に一般公開したことに始まる。その時の博覧会出品物も保存されているほか、自然科学分野の資料はほとんど集められており、アメーバから人間生誕までの生物の進化、恐竜やメキシコミイラもあり、日本の道具の歴史では、旧海軍の零戦から戦後打上げのロケットまで展示されるなど、小中学生には圧倒的な人気がある。

週末ウォーキング