瑞厳寺 中門からの本堂

瑞厳寺 中門からの本堂
撮影 2006.11.3

 瑞巌寺(国宝)は、慈覚大師円仁によって天長5年(828)に会創された天台宗の禅寺。その後、正元元年(1259)に鎌倉幕府第五代執権北条時頼によって臨済宗の円福寺としてつくり代えられる。現在に残る建物は、慶長14年(1609)に伊達正宗が完成させたもので、この時に「松島青龍山瑞巌寺」と、現在の正式名称に改称される。

週末ウォーキング