旧風間住宅「丙申堂」

旧風間住宅「丙申堂」
撮影 2011.6.26

 明治29年丙申の年に、風間家七代当主(幸右衛門)が、住居及び営業の拠点として建築したもので、八代当主(幸右衛門)建築年に因み「丙申堂」と名付けた。
 主屋を中心に南側は道路に面した薬医門と前蔵、西側に中蔵と奥蔵、北側に小蔵(金庫蔵)を配する。この建物は、明治27年の酒田地震を教訓にして建てたと伝えられ、広大な板の間に架ける梁をトラス状にし大黒柱で支えるなど工夫の跡が見られる。国重要文化財である。

週末ウォーキング