横浜市開港記念会館

横浜市開港記念会館
撮影 2009.7.11

 横浜市開港記念会館(国重要文化財)は、開港50周年を記念して、大正3年(1914)9月に着工され、大正6年7月1日の開港記念日に「開港記念横浜会館」として開館した。建物は、大正12年の関東大震災によって一部が焼失したため、昭和2年と平成元年に復旧工事が行われ創建時の姿に復元された。
 建物の外壁は、腰石まで花崗岩積みで、1・2階は赤い化粧煉瓦と白い花崗岩を積み上げた辰野式フリークラシックスタイルで、古典主義を自由にあれんじしている。東南隅には高塔(ジャックの塔)がが建っている。

週末ウォーキング