8万鉢のパンジー
(横浜赤レンガ倉庫)

mark横浜赤レンガ倉庫(よこはまあかレンガそうこ)

 新港地区には2棟の3階建てレンガ造りの倉庫があり、「赤レンガ倉庫」とよばれ市民に親しまれている。みなとみらい21地区側の大きな倉庫は明治44年(1911)完成の二号倉庫で、海側のほうが大正期完成の一号倉庫である。なお、一号倉庫は関東大震災で被害をうけ、竣工当初より規模を縮小して修復されている。これらの倉庫は妻木頼黄が大蔵省臨時建築部長としてかかわり、耐震性を考慮し、一部に鉄筋やコンクリートを用いるなど、構造的にも興味深い。

8万鉢のパンジー(横浜赤レンガ倉庫)
8万鉢のパンジー(横浜赤レンガ倉庫)

⇒ 山下公園周辺 ウォーキングマップ

週末ウォーキング