モエレ沼公園の「海の噴水」

markモエレ沼公園(モエレぬまこうえん)

 彫刻家イサム・ノグチは基本計画の製作中「私はずっと噴水の研究をしているです」と語り、公園中心部に直径48mの大きな噴水を描きました。海の噴水は、ノグチのイメージしていた噴水に類似したマイアミのベイフロントパークの噴水を参考としてつくられ、「水の彫刻」と呼ぶにふさわしい形態を兼ね備えている。最大噴上高25mともなり、ダイナミックな水の動勢は生命の誕生、そして宇宙を表現し、公園全体に生命の息吹を与える。

モエレ山
モエレ山

ガラスのピラミッド
ガラスのピラミッド

海の噴水 「水の彫刻」と呼ぶにふさわしい形態
海の噴水
「水の彫刻」と呼ぶにふさわしい形態

ダイナミックな水の動勢は生命の誕生そして宇宙を表現する
ダイナミックな水の動勢は生命の誕生そして宇宙を表現する

噴水時間40分(ショートプログラムは20分)
噴水時間40分(ショートプログラムは20分)

週末ウォーキング