神威岬・積丹岬
(積丹半島)

 積丹半島の海岸線は断崖、奇岩などの美しい景観が続く。ニセコ積丹小樽海岸国定公園。神威岬先端からは360度の展望が広がる。夏の季節、断崖に黄金色のエゾカンゾウが咲き誇る。そして、生うに、マグロ、イクラなど新鮮な魚介を楽しむことができる観光名所。(5分9秒)

mark神威岬(かむいみさき)

 松前藩では、積丹半島沖を女性を乗せた船がとおると、必ず海が荒れるという言い伝えから、その北端神威岩を女人禁制の地とし、元禄4年(1691)に、岬以北の婦女通行禁止の藩命を布告した。この禁令は、安政3年(1856)に箱館奉行配下の梨本弥五郎が妻子を伴い、宗谷に赴任するまでの約160年間続いた。梨本が妻子を伴い岬を通過しようとすると、舟子たちは言い伝えから船を進めようとしなかった。梨本は鉄砲を放ち、「今、君、国を開かんとす、何の神かこれを阻止せん」といい、ついに岬を通過した。神威岩婦女通行解禁の嚆矢であった。以後、岬以北の和人定住が急速に進み、余市・小樽地方の人口増が顕著となった。神威岬のある積丹の海の落日は、まさに一幅の絵である。

窓岩(古宇郡神恵内村)
窓岩(古宇郡神恵内村)

神威岬
神威岬

黄金色のエゾカンゾウ
黄金色のエゾカンゾウ

神威岩
神威岩

積丹岬・島武意海岸
積丹岬・島武意海岸

週末ウォーキング