三ツ池公園の桜

mark三ツ池公園((みついけこうえん)

 三ツ池は江戸時代から周辺の水田への灌漑用水池であった。昭和16年(1941)都市計画緑地に決定される以前から学童の遠足やボート遊びなどのリクレーション地としても知られていた。三面の池は土盛りの堰堤で仕切られ、それぞれの水面の高さはおよそ2mの差がつけられている。これは灌漑用水池の特徴である。この池がいつ造られたかは明らかではないが、園内に残された二つの石碑からはその歴史の一端をしのぶことができる。

横浜緋桜
横浜緋桜

三ツ池公園の桜
三ツ池公園の桜

カモメ
カモメ

花の広場(紅枝垂桜)
花の広場(紅枝垂桜)

立派な紅枝垂桜
立派な紅枝垂桜

⇒ 三ツ池公園周辺 ウォーキングマップ

週末ウォーキング