利尻島 一周の旅

 利尻富士を水面に映す姫沼、オタトマリ沼の利尻富士、南浜湿原、仙法志御崎公園など、どこからでも美しい利尻富士が見られる。(5分47秒)

mark姫沼(ひめぬま)

 鴛泊港から、利尻富士や礼文島の素晴らしい景色を望みながら海岸線を行くと、そこは原生林に囲まれた姫沼。散歩路が整備され。気軽な散歩コースとして人気がある。天気の良い日には、湖面に映る美しい「逆さ富士」も見られる。

姫沼
姫沼

オタトマリ沼
オタトマリ沼
markオタトマリ沼(オタトマリぬま)

 明るく開放的な雰囲気の湖。散歩路からは色とりどりの季節の花や日本最北限のアカエゾマツの原生林が観察できる。オタトマリ沼の風景は北海道銘菓「白い恋人」のパッケージデザインになっている。

南浜湿原
南浜湿原
mark南浜湿原(みなみはましつげん)

 利尻島最大の湿原・南浜湿原は、植物の宝庫で、学術的にも貴重な湿原・木道から可憐な野の花が観察でき、バードウォッチングも楽しめる。周辺には、沼浦キャンプ場や沼浦展望台、利尻島郷土資料館などの見どころも点在している。

仙法志御崎公園
仙法志御崎公園
mark仙法志御崎公園(せんぽうしみさきこうえん)

 仙法志海岸からは、鋭く猛々しい利尻島を望むことができる。周辺は、抜群の透明度を誇る海岸を中心とした、仙法志御崎公園。園内の磯に作られた自然磯観察場ではコンブやウニが観察でき、夏のあいだは可愛らしいゴマフアザラシの姿も見られる。また。公園の周辺には、利尻島のれ歴史や文化を紹介する利尻町立博物館がある。

大磯の夕日
大磯の夕日
mark大磯(おおいそ)

 利尻島の西海岸は、礼文島を間近に望む景勝地が点在している。澄み渡った海や変化に富んだ海岸線、夕陽の美しさを堪能できるスポットが多くある。

野塚展望台
野塚展望台

見返台園地展望台
見返台園地展望台
mark見返台園地展望台(みかえりだいえんちてんぼうだい)

 見返台園地展望台は、利尻山登山沓掛コースの入り口(五合目にあたる)になっており、高山植物とふれあいながら本格的な登山が体験できる。

週末ウォーキング