小石川後楽園

mark小石川後楽園(こいしかわこうらくえん)

 江戸時代初期、寛永6年(1629)に水戸藩初代藩主徳川頼房が、その中屋敷(のちに上屋敷となる)として造ったもので、二代藩主徳川光圀の代に完成した庭園である。庭園の様式は池を中心にした回遊式築山泉水庭になっている。光圀は、造成に当たり明の遺臣朱舜水の意見を用い、円月橋、西湖の堤など中国の風物を取り入れ、園名も舜水の命名によるなど中国趣味豊かな庭園である。
 小石川後楽園は文化財保護法によって、国特別名勝国特別史跡に指定されている。この二重指定を受けているのは、全国でも小石川後楽園、浜離宮恩賜庭園、など、ごく限られている。

白糸の滝
白糸の滝

円月橋
円月橋

神田上水跡
神田上水跡

梅林
梅林

九八屋
九八屋

小石川後楽園
小石川後楽園

カワセミ
カワセミ

竹生島
竹生島

延段
延段

紅葉林
紅葉林

大堰川
大堰川

得仁堂
得仁堂

丸屋
丸屋

一つ松
一つ松

⇒ 小石川周辺 ウォーキングマップ

週末ウォーキング