首里城・玉陵・識名園
(世界遺産)

 琉球王国の政治、外交、文化の中心地として威容を誇った首里城。その中国と日本の築城文化を融合した独特の建築様式や石組み技術には高い文化的・歴史的価値があるとされ、2000年12月日本では、11番目に首里城は世界文化遺産に登録された。(5分10秒)

mark首里城(しゅりじょう)

 首里城の創建は14世紀頃と言われていますが、詳しいことは分かっていません。その後、1406年に尚巴志が琉球王国支配のための居城として以来、1879年、最後の国王・尚泰が明治政府に明け渡すまで、約500年にわたって琉球王国の政治・外交・文化の中心として栄華を誇りました。

守礼門
守礼門

園比屋武御獄石門(世界遺産)
園比屋武御獄石門(世界遺産)

歓会門(あまへ御門)
歓会門(あまへ御門)

瑞泉門(ひかわ御門)
瑞泉門(ひかわ御門)

漏刻門(かご居せ御門)
漏刻門(かご居せ御門)

漏刻門から見た北殿
漏刻門から見た北殿

書院・鎖之間と庭園 南殿・番所
書院・鎖之間と庭園 南殿・番所

書院・鎖之間
書院・鎖之間

書院・鎖之間庭園
書院・鎖之間庭園

琉球菓子
琉球菓子

正殿
正殿

御差床 2階
御差床 2階

玉陵(世界遺産)
玉陵(世界遺産)

識名園(世界遺産)
識名園(世界遺産)

御殿
御殿

石橋
石橋

六角堂
六角堂

週末ウォーキング