堀切菖蒲園の江戸菖蒲

mark堀切菖蒲園(ほりきりしょうぶえん)

 堀切の花菖蒲は江戸名所の一つとして古くから知られており、その景観は安藤広重や歌川豊国の錦絵の題材にもなった。花菖蒲がこの地に伝来した時期は明らかではないが、一説には文化年間(1804~1817)と当地の農民、伊佐衛門によって栽培されたのが始まりと言われている。江戸時代の情緒をしのびながら、数多くの江戸花菖蒲を観賞できるのが、本園の特色である。

蛇籠の波(江戸)
蛇籠の波(江戸)

加茂千歳(江戸)
加茂千歳(江戸)

鶴の毛衣(江戸)
鶴の毛衣(江戸)

羽根扇(江戸)
羽根扇(江戸)

鎌田錦(江戸)
鎌田錦(江戸)

奥万里(江戸)
奥万里(江戸)

⇒ 堀切菖蒲園周辺 ウォーキングマップ

週末ウォーキング