国宝 松江城

 松江のシンボル松江城は、全国で現存する12天守のうちのひとつで、国指定の重要文化財である。(2分48秒)

mark松江城(まつえじょう)

 堀尾吉晴が慶長16年(1611)、4年の歳月をかけて完成、以来堀尾三代、京極一代、松平十代、18万6000石の居城として松江の歴史をつくりあげてきた。天守からは松江の町が一望できる。城の一帯は城山公園と呼ばれ、春は桜が咲き競い、夏は蝉しぐれが街の雑踏をしばし忘れさせてくれる。白鷺城とよばれる姫路城の白壁に対して、簡素な木造黒塗りの外観で、千鳥城の別称がある。

気温35℃の真夏日
気温35℃の真夏日

本丸一ノ門
本丸一ノ門

松江城
松江城

国宝 松江城天守
国宝 松江城天守

最上階の眺め
最上階の眺め

週末ウォーキング