東京駅プロジェクションマッピング

 東京駅丸の内駅舎保存・復原工事の完成を祝う記念イベントとして大正時代創建当時の姿によみがえった駅舎をスクリーンに最先端の技術<プロジェクションマッピング>を用いて高精細フルCG映像を投影するもの。(9分28秒)

mark東京駅(とうきょうえき)

 丸の内駅舎は明治39年(1906)12月15日、日本建築学会の大御所、辰野金吾工学博士と葛飾万司工学士により設計が着手され、同41年3月基礎工事を開始、大正3年(1914)12月14日、6年半の歳月と280万円の経費、延73万にのぼる人達の手により完成した。

映像1
映像1

映像2
映像2

映像3
映像3

映像4
映像4

映像5
映像5

映像6
映像6

映像7
映像7

映像8
映像8

映像9
映像9

映像10
映像10

映像11
映像11

映像12
映像12

⇒ 日本橋周辺 ウォーキングマップ

週末ウォーキング