菜の花とヒヨドリ
(浜離宮恩賜庭園)

mark浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうおんしていえん)

 海水を引き入れた潮入の池と、ふたつの 鴨場を伝え、江戸時代には、江戸城の「出城」としての機能を果たしていた徳川将軍家の庭園。承応3年(1654)、徳川将軍家の鷹狩場に、四代将軍徳川家綱の弟で甲府宰相の松平綱重が、海を埋め立てて甲府浜屋敷と呼ばれる別邸を建てた。その後、徳川綱重(家光の三男)の子、六代将軍徳川家宣がになったのを契機に、この屋敷は将軍家の別邸となり、「浜御殿」と呼ばれるようになった。

菜の花
菜の花

菜の花
菜の花

ヒヨドリ
ヒヨドリ

ヒヨドリ
ヒヨドリ

ヒヨドリ
ヒヨドリ

ヒヨドリ
ヒヨドリ

ヒヨドリ
ヒヨドリ

ヒヨドリ
ヒヨドリ

ヒヨドリ
ヒヨドリ

ヒヨドリ
ヒヨドリ

ヒヨドリ
ヒヨドリ

ヒヨドリ
ヒヨドリ

ロウバイ
ロウバイ

ツバキ
ツバキ

サンシュユ
サンシュユ

中島の御茶屋
中島の御茶屋

⇒ 新橋周辺 ウォーキングマップ

週末ウォーキング