名古屋城の桜

mark名古屋城(なごやじょう)

 名古屋城の取り壊しは、陸軍大佐中村重遠や駐日ドイツ公使マックス・フォン・プラントの進言を受けた陸軍卿山縣有朋により中止され、明治12年(1879)に城郭の保存が決定された。この時点で名古屋城は陸軍省の所管であったが、明治26年(1893)に宮内省に移管され、名古屋離宮となる。昭和5年(1930)に名古屋離宮は廃止され、宮内省から名古屋市に与えられた。名古屋市は「恩賜元離宮」として市民に一般公開し、城の建物や障壁画などは国宝(旧国宝)に指定された。その後、昭和20年(1945)5月の名古屋空襲で建物の大半が焼失したが、昭和34年(1945)に天守が再建された。

名古屋城の桜
名古屋城の桜

東南隅櫓(辰巳櫓)
東南隅櫓(辰巳櫓)

本丸御殿復元工事
本丸御殿復元工事

満開の桜と天守閣
満開の桜と天守閣

外堀の桜
外堀の桜

金のシャチ
金のシャチ

名城公園
名城公園

週末ウォーキング