夕張鹿鳴館(重要文化財)

mark夕張鹿鳴館(ゆうばりろくめいかん)

 北海道炭鉱汽船株式会社(北炭)が、全盛を極めた時代、北炭鹿の谷倶楽部として大正2年(1913)に建設され、昭和58年(1983)まで、主に当時の迎賓館のような施設として使用されてきた。敷地面積85,300㎡、延床面積約1,500㎡の木造平屋、当時の技術の粋を集めた、北海道では珍しい本格的和風建築である。

夕張鹿鳴館
夕張鹿鳴館

和室
和室

欄間には鳳凰
欄間には鳳凰

光の回廊
光の回廊

レストラン ミレディ
レストラン ミレディ

夕張鹿鳴館
夕張鹿鳴館

週末ウォーキング