薩摩琵琶のしらべ
(演目:坂埼出羽守の一部)

mark三渓園(さんけいえん)

 三渓園は、明治時代末から大正時代にかけて製糸・生糸貿易で財をなした横浜の実業家・原三渓(本名富太郎)が、東京湾に面した三之谷と呼ばれる谷あいの地に造りあげた、広さ約175,000㎡の日本庭園。明治39(1906)年に一般に公開された外苑と、三渓が私庭としていた内苑の2つの庭園からなり、京都や鎌倉などから集められた17棟の歴史的建造物と四季折々の自然とがみごとに調和した景観が見どころとなっている。

演目:坂埼出羽守の一部
演目:遠干潟の一部

⇒ 三渓園周辺 ウォーキングマップ

週末ウォーキング