赤坂日枝神社 山王祭
(神幸祭)

 山王祭は、江戸三大祭(山王祭 神田祭 深川八幡祭)の一つで、京都の祇園祭 大阪の天神祭と共に日本三大祭の一つである。(5分22秒)

mark日枝神社(ひえじんじゃ)

 明暦3年(1657)の明暦の大火で社殿が類焼したことから、四代将軍徳川家綱は社地を現在地に移し、万治2年(1659)に再建した。明治に入ると、神仏分離・廃仏毀釈の運動がおこり、祭神山王権現を『古事記』にもとづいて大山咋神、社号も日枝神社に改めた。国宝指定の桃山建築様式の華麗な社殿は、昭和20年(1945)の戦災で焼失し、現在は鉄筋コンクリート進で再建されている。
 山王祭は、江戸三大祭(山王祭 神田祭 深川八幡祭)の一つで、京都の祇園祭 大阪の天神祭と共に日本三大祭の一つである。

御鳳輦二基と宮神輿一基(皇居坂下門前)
御鳳輦二基と宮神輿一基(皇居坂下門前)

巫女による剣の舞(皇居坂下門前)
巫女による剣の舞(皇居坂下門前)

諫鼓鶏
諫鼓鶏

御鳳輦
御鳳輦

祭礼行列(行幸通り)
祭礼行列(行幸通り)

祭礼行列(正面奥に東京駅丸の内)
祭礼行列(正面奥に東京駅丸の内)

⇒ 日枝神社周辺 ウォーキングマップ

週末ウォーキング