金時山から足柄峠を歩く
(仙石~地蔵堂)

仙石バス停(箱根登山鉄道バス)~金時神社~金時宿石~金時山~足柄峠・足柄万葉公園 ~足柄古道~地蔵堂~地蔵堂バス停(箱根登山鉄道バス)
mark公時神社(きんときじんじゃ)

 午前8時、箱根登山鉄道の宮ノ下からバスに乗り換える。紅葉の美しい季節の為、行楽客や登山客の人でバスは満員の状態であった。仙石バス停で降りて、乙女峠に通じる車道を約15分歩くと公時神社入口に着いた。

公時神社(9月)
公時神社(9月)

 祭神は坂田金時。幼名を金太郎といい、怪力の持ち主で熊と相撲をとったと童話にある。強健で、武勇に優れた人物として五月人形にもなり、子どもの神、健康の神として広く崇められている。坂田金時に改名し、平安後期の源頼光の四天王の一人といわれた。

神社前のモミジ
神社前のモミジ
神社前のモミジ
神社前のモミジ

 まずは公時神社でお参りしてから、登山道を歩き始める。
 登山口から金時山までは約75分の手軽なコースで、小さな子供から高齢者までが登山を楽しむことが出来る。檜林の中をしばらく登ると、正面に真ん中で2つに割かれた巨大な岩「金時宿石」が見えてくる。

金時宿石
金時宿石
仙石原高原
仙石原高原

 金時宿石の伝説は、金太郎は山姥の子供で、この岩の洞窟の中で暮らしていたという。
 林の中を抜けると急に視界もよくなり、ほとんどの人が小休止をとる。紅葉した仙石原高原芦ノ湖までを見晴らすことができる。矢倉沢峠分岐から最後の急な登りを過ぎると、金時山に着く。登り時間はコースタイム通りの約75分であった。

mark金時山山頂(きんときやまさんちょう)
金時山山頂
金時山山頂

 山頂で約20分休憩して、足柄峠へ向って下った。公時神社からの登りとは違って、足柄峠への下りは梯子とロープの連続で登山道を下った。

金太郎が見守る道しるべ
金太郎が見守る道しるべ
登山道
登山道

mark足柄城址(あしがらしろあと)

 金時山からは金時山ハイキングコースを通り、約2時間で静岡県側の足柄城址に着く。
 ここからの富士山の展望はすばらしい。案内板には「富士山が日本一高く見えるところ。天下の絶景富士に祈る足柄城址より望む富士山に、優美な裾をひき均整のとれた美しさで天に向って伸び上がり、まさに日本一の高さを感じさせ額縁のない天然の絵画である」と書かれていた。

足柄城址
足柄城址
足柄城址の展望
足柄城址

 足柄城は、箱根外輪山の金時山から酒匂川に向けて張り出した稜線に築かれた山城である。足柄城の築かれた稜線上は、東海道足柄路の要衝の足柄峠があり、この峠を確保するために、北条氏が構築したものと考えられる。永禄11年(1568)、武田信玄の侵攻にともない改修が加えられ、さらに天正18年(1590)の豊臣秀吉による小田原攻めの前に大改修されて、大規模な山城となった。

足柄城址銘碑
足柄城址銘碑
新羅三郎義光吹笙之石
新羅三郎義光吹笙之石

 八幡太郎義家の弟、三郎義光は琵琶湖の畔り三井寺の近くの新羅の森で元服したから新羅三郎義光と云っていた。 戦乱の世にあっても風雅の心を失わず、笙は時の名人豊原時元に学んだ。
 堀河天皇の御代に奥州の藤原武衝等が叛いて兵を挙げたのでこれを鎮定するために八幡太郎義家が行った。
 世に云う後三年の役で、この時敵の抵抗強く義家苦戦と聞いて三郎義光は数十騎の兵をつれて逢坂山を越え、日を重ねて足柄峠に露営したのは寛治元年(1087)の仲秋の名月であった。
 義光は豊原時秋を傍近く呼んで「よく聞かれよ、我は御尊父より笙の秘曲を授り、こりを後生に云うべく托された、然るにこの度戦場に赴く上は生死の程も計り難い、我死なば、この道はすたれ先師の志をも空しうする。只今こりより相伝の秘曲を伝授すれば貴殿はこりより京へ引き返しこの道を守られよ。」と論しこの大石の上に座り伶人豊原時秋に笙の奥義を伝えた。

2013.10.13 足柄城址から忍野八海へyoutube

mark足柄峠・足柄万葉公園(あしがらとうげ・あしがらまんようこうえん)
足柄万葉公園
足柄万葉公園(公園50選)
景勝50選の石碑
景勝50選の石碑

 足柄万葉公園では万葉集より足柄を詠んだ歌17首のうち、7首が根府川石に刻み込まれ、また往来時の人々の生活の支えとなってていた万葉植物約90種類を見ることができる。

万葉集の歌碑
万葉集の歌碑
足柄山聖天堂 金太郎の石像
足柄山聖天堂 金太郎の石像

足柄峠
足柄峠(景勝50選)

 南足柄市矢倉沢と静岡県小山町の県境に位置する標高759mの峠は、足柄峠(自然)と呼ばれ、峠を含む付近一帯を足柄山という。奈良時代、都を出、東海道を坂東へ向かう旅人は、この足柄峠を越えなければならなかった。
 延暦19年(800)6月、富士山の噴火によりこの足柄道は埋没し、廃道となって、箱根山中の湯坂道に代わられ一時途絶したが、三年後には再開されている。
江戸時代には、失倉沢往還が通るようになり、駿河(現在の静岡県)、甲斐(現在の山梨県)方面から江戸への物資輸送路としてにぎわい、東麓に矢倉沢関所、矢倉沢綱立場が設けられ重要地点であった。

mark足柄古道(あしがらこどう)

 足柄万葉公園までは自家用車叉は乗合いバス(本数は少ない)を利用して登ることができるので、この足柄古道を登り・下りする人はほとんどいなかった。

足柄古道の下り
足柄古道の下り
足柄古道
足柄古道

 足柄古道(古道50選)の足柄峠付近は、京都・坂東間の古道。大化の改新後、大和朝廷が箱根越えとして定めた道。室町時代に後北条氏が築いた足柄城の跡が残る。

mark地蔵堂(じぞうどう)

 車道と足柄古道を交互に歩きながら地蔵堂に着いた。この地蔵堂近くには、夕日の滝や金太郎遊び岩、ハイキングコースがある為、地蔵堂付近は沢山の人出があった。

地蔵堂
地蔵堂
足柄地蔵堂名物のおやき
足柄地蔵堂名物のおやき

 地蔵堂裏の収蔵庫には、地蔵堂の逗子と木造地蔵菩薩が保存されている。逗子は、室町時代後期の作で、地蔵菩薩像は南北朝時代末期から室町時代初期のものと推定されている。ここから、右の道が足柄峠へ、左の道は夕日の滝への道である。
 関本・松田行きバスを待つ間に、足柄地蔵堂名物のおやきを美味しくいただいた。

⇒ 仙石~地蔵堂周辺 ウォーキングマップ