大磯・高麗山と湘南平を歩く(平塚~二宮)<p

平塚駅(JR東海道本線)~高来神社~湘南平~東海道松並木~大磯城山公園~二宮駅(JR東海道本線)
mark高来神社(たかくじんじゃ)

 JR平塚駅から国道1号線を大磯へ向って歩き、花水橋を過ぎた辺りから高来神社の参道に入る。

参道
参道
慶覚院(元地蔵堂)
慶覚院(元地蔵堂)

 慶覚院は、高来神社の手前にあり、「建治4年(1278)」銘のある地蔵菩薩像と、本地仏の一本造の千手観音像がある。千手観音像は破損が著しいが平安時代の作と考えられ、12年に1度子年の秋に開帳されている。

高来神社
高来神社

 江戸時代までは高麗神社と書かれ、神皇産霊神、瓊瓊杵尊、神功皇后、応神天皇がまつられている。伝承では神功皇后の三韓征討のころ、武内宿禰が三韓の神を移したのが始まりというが、実際には高句麗からの渡来人高麗若光らが大磯に移り住んだときに創建されたと考えられている。

山神輿
山神輿
平嘉久社
平嘉久社

 現在廃絶した高麗寺の本尊である千手観音の祭りが、神仏分離令による影響で高来神社の春祭りの様相になった相模国3大市の一つに数えられる高麗寺市(こうらいじまち)は、毎年4月17・18・19日に実施され、江戸時代から大正の初め頃迄は「農具市」でしたが、現在は「植木市」になっている。この祭のなかで「山神輿」の行事がある。寛永21年(1644)4月17日より始まったと伝えられ、由来については不明ですが、高来神社(下宮)の神霊(みたま)を神輿に移し、麓から山頂の上宮(大堂)まで神輿を担ぎ上げるとしうもので、祭には大勢の人が集まるために地上の穢れを避けて山頂の上宮に仮宿するのだと言われている。神輿は祭りが終わった19日に再び山を降りる。

道祖神
道祖神
大磯・高麗山のみち
大磯・高麗山のみち

 高来神社の裏山から、高麗山公園内にある東天照、大堂、八俵山の三峰を通る「大磯・高麗山のみち」を登り湘南平へ向った。桜の花見シーズンでもあり、すれ違う人も多かった。

シイニッケイ(町天然記念物)
シイニッケイ(町天然記念物)
景勝50選の石碑
景勝50選の石碑
高麗山
高麗山

 高麗山は、長い歴史を秘めた名山である。全山がうっそうとした臨海性常緑樹林に覆われ、中には樹齢3,400年の古木もあって、湘南に残された唯一の自然林である。山ろくの高来神社は高麗神社や権現さんと呼ばれている。

mark湘南平(しょうなんだいら)
湘南平の桜と高来神社
湘南平の桜(花の名所100選)(景勝50選)(公園50選)

 標高約180m。平塚市の南西部と大磯町北部にまたがる約140ヘクタールの丘陵を利用した高麗山公園の中にある。市民の憩いの広場となっている山頂部分は眺望だけではなく、サクラの名所としても名を連ねる湘南地方有数の観光スポットである。

高麗山公園レストハウス
高麗山公園レストハウス
富士山の眺望
富士山の眺望

 高麗山公園レストハウス展望台からは、富士山、湘南海岸、丹沢山系など全方向のパノラマ風景を楽しむことができる。

テレビ塔
テレビ塔
岡野金次郎顕彰碑
岡野金次郎顕彰碑

 湘南平(自然)のモニュメント的存在なのが山頂広場の東側に立つテレビ塔(平塚テレビ中継所局)である。テレビ神奈川(tvk)が昭和47年(1972)に建設、4脚の鉄骨造りで高さ70m。地上4mほどの部分には展望台がある。
 岡野金次郎は明治7年(1874)に横浜で生まれた。日本山岳界のパイオニアとされ、日本人として初めて槍ケ岳登頂をはじめ、丹沢など数々の登山歴で知られた。晩年に平塚に移り住んだ岡野をたたえ、市は昭和36年(1961)に記念碑を建立した。

2011.04.13 湘南平の桜と高来神社youtube

丹沢山系
丹沢山系
湘南海岸方面
湘南海岸方面

 湘南平から、大磯駅へ向かう山道の途中に、遺跡「揚谷寺谷戸横穴墓群」が残っている。

大磯海岸方面
大磯海岸方面
揚谷寺谷戸横穴墓群
揚谷寺谷戸横穴墓群

 大磯丘陵は、全国屈指の横穴墓の密集地域として知られているが、当地は特に濃密に分布地区に位置している。揚谷寺谷戸横穴墓群は古くから存在が知られており、早くも明治期には当時の研究者による本格的な調査が行われている。

揚谷寺谷戸横穴墓群
揚谷寺谷戸横穴墓群
揚谷寺谷戸横穴墓群
揚谷寺谷戸横穴墓群

 揚谷寺谷戸横穴墓群は古墳時代後期に属し、27基の存在が知られている。内部構造は天井が屋根形を呈する家形横穴墓や、通常の横穴墓の奥に棺室を設けた棺室横穴墓など多様な形態がみられ、横穴墓の形態変還を考える上で、基準となる重要な横穴墓である。

mark東海道松並木(とうかいどうすぎなみき)
東海道松並木
東海道松並木(古道50選)

 江戸時代、幕府は東海道を整備して松並木、一里塚、宿場をもうけ交通の便を良くしたので、参勤交代や行商、お伊勢参りなどに広く利用されました。松並木は、今から約400年前に諸街道の改修のときに植えられたもので、幕府や領主により保護され約150年前ころからはきびしい管理のもとに、立ち枯れしたものは村々ごとに植継がれ大切に育てられてきたものである。

mark大磯城山公園(おおいそじょうやまこうえん)

 切通バス停のそばの大磯城山公園(公園50選)は、元三井財閥総本家の別荘地があった歴史ある公園で、多くの野鳥や昆虫が生息。園内には町の郷土歴史資料館があり、のんびり散歩できる場所である。

大磯町郷土資料館
大磯町郷土資料館
館内の展示風景
館内の展示

 資料館では大磯と周辺地域を含む豊かな風土の拡がりを「湘南の丘陵と海」というテーマで、「竪穴住居」、「器の歴史」、「海水浴場と別荘」、「大磯の民話」などの展示がある。

北蔵ギャラリー(現存建造物)
北蔵ギャラリー(現存建造物)

⇒ 平塚~二宮周辺 ウォーキングマップ