丹沢ヤビツ峠から宮ケ瀬へ
(ヤビツ峠~宮ケ瀬)

ヤビツ峠バス停(神奈中バス)~丹沢札掛のモミの原生林~宮ケ瀬水の郷~宮ケ瀬バス停(神奈中バス)
markヤビツ峠(ヤビツとうげ)

 小田急秦野駅から登山客で満員のヤビツ峠行バス(運行本数が少ないので要注意)に乗込む。車内では全く身動きもできず、急な山道を登ること約40分で終点のヤビツ峠へ到着した。
 バスから降りた登山客は、大山、岳ノ台、塔ノ岳へ登る人に別れる。ここから、札掛を通り宮ケ瀬へ向って県道70号線(秦野清川線)を歩く。

ヤビツ峠
ヤビツ峠(自然)
県道70号線(秦野清川線)を歩く
県道70号線(秦野清川線)を歩く

 ヤビツ峠は、戦国の昔、小田原の北条氏と甲斐の武田氏の戦が、この峠付近で展開され、双方におびただしい死者がでたと伝えられている。敗走したのはどちらか。矢櫃が山道改修の折、発見されてから矢櫃峠と呼ばれるようになったという。ヤビツ峠は、かって丹沢開発の林道としてつくられたものである。その中で、代々が大山の先導師であった秦野の相木幹太父子の涙ぐましい努力がある。
 ヤビツ峠から約20分で塔ノ岳登山口の富士見山荘前に着く。ここから先、歩いて札掛へ向う人は私一人になる。

護摩屋敷の水
護摩屋敷の水
護摩屋敷の水
護摩屋敷の水

 富士見山荘から少し下った所に、全国名水100選の「丹沢名水護摩屋敷の水」があり、皆さん、名水を入れた大きなポリタンを車に載せていた。

mark丹沢札掛のモミの原生林(たんざわふだかけのモミのげんせいりん)

 藤熊川は中津川の源流で、丹沢山地のヤビツ峠付近を源とし北流する。この水源よりおよそ4km下流にあるタライゴヤ沢合流点までは藤熊川と呼ばれる。
 藤熊川の渓流(管理魚区)ではイワナ・ヤマメを釣る人が、めいめいに釣りを楽しんでいた 秦野市から清川村に入って間もなく札掛橋に着く。ここの近くには、国民宿舎丹沢ホームやスギ美林の公園がある。

藤熊川の渓流(札掛橋下)
藤熊川の渓流(札掛橋下)

 札掛橋から約20分下った所で、「景勝50選の石碑」を見つける。ここからは、「丹沢札掛のモミの原生林」の全貌を見渡せることができる。

丹沢札掛のモミの原生林
丹沢札掛のモミの原生林(景勝50選)
景勝50選の石碑
景勝50選の石碑

 札掛の地名の由来は、幕府見回り人が目印に大木に札を掛けたことから地名になったと言われる。丹沢札掛のモミの原生林は、神奈川県の天然記念物に指定されている。代表的な樹木は、モミ、ツガで残りはスギ、ケヤキ、トチノキなどの大木が点在している。

塩水橋
塩水橋
キャンプ場
キャンプ場

 札掛から宮ケ瀬三叉路までの道程は長く、歩き続けてたっぷりと約3時間はかかった。途中、塩水橋の下、渓流の冷た水で顔を洗い小休止をとるが、その他は小雨も降ってきたのでひたすら歩いた。中津川沿いには権現平キャンプ場、唐沢キャンプ場、長者屋敷キャンプ場のキャンプ場が連続してあった。

mark宮ケ瀬水の郷(みやがせみずのさと)
宮ケ瀬水の郷・大つり橋
大つり橋
けやき広場
けやき広場

 芝生の上で大の字状態になり、しばらくの間、酷使した足を休めた。

みやげ物屋
みやげ物屋
宮ヶ瀬湖畔園地
宮ヶ瀬湖畔園地

 宮ヶ瀬湖(自然)畔園地は、けやき広場など、子供連れでアウトドアを楽しむには絶好の場所である。また、「水の郷大つり橋」は橋上315mの歩道橋として日本一の吊橋、橋上から望む渓谷は一見に値する。県立宮ヶ瀬やまなみセンターでは、食事のできる展望ホールのほか、各種展示場、周辺施設案内やイベント開催案内などの情報コーナーが設置されている。

⇒ ヤビツ峠~宮ケ瀬周辺 ウォーキングマップ