関東ふれあいの道「荒崎・潮騒のみち」
(三崎口~大楠芦名口)

三崎口駅(京急本線)~長浜海岸~荒崎~富浦公園~大楠芦名口バス停(京急バス)
mark長浜海岸(ながはまかいがん)

 京急三崎口駅から和田方面に向って国道134号を歩き始める。午後3時過ぎであったが、真夏の太陽の日射しは厳しい。約30分で 長浜海岸の砂浜に出る。砂浜では帰り支度する海水浴客が目につく。

長浜海岸
長浜海岸
荒崎・潮騒のみち
荒崎・潮騒のみち

 長浜海岸から荒崎公園・長井漁港を歩く「荒崎(あらさき)・潮騒(しおさい)のみち」は、松の青と砕ける波の白が調和する景観の美しい所である。

mark荒崎(あらさき)

 荒崎海岸へ向かう途中、満ち潮で危険を感じて引き返した。(要注意!)
 岩にくだける波の自さと、海蝕台、海蝕洞がつくり出す景観は、実に素晴らしく、圧倒される。なかでも「十文字洞」は、海蝕によってできた洞窟で、波に刻まれた岩と松が、変化に富んだ風景を見せている。荒崎から長浜に至る「荒崎(あらさき)・潮騒(しおさい)のみち」の出発点にもなっていて、この十文字洞に代表されるように、荒崎は海蝕によって造られた地形である。

荒崎
荒崎海岸

 途中まわり道をして、荒崎公園入口バス停からしばらく歩くと、凹凸の特質な地形の岩石と青い海の景観が美しい荒崎海岸に出た。何よりも、全身の汗を取ってくれる潮風の涼しさが心地好く感じた。

荒崎
荒崎(景勝50選)

mark富浦公園(とみうらこうえん)

 荒崎公園入口バス停に戻り、長井漁港の方面へ進む。海岸線沿いの道は富士山の容姿が素晴らしい所である。途中、魚の直売所がある長井漁港を通り、「荒崎・潮騒のみち」の終点である富浦公園に着く。荒崎公園から約1時間であった。この公園で大休止をする。

前田夕暮の文学碑
前田夕暮の文学碑
説明板
説明板

 大正12年(1923)2月1日、前田夕暮は東海道線の車中で偶然北原白秋と出合い、そのまま連れ立って三崎へ行き、城ケ島に遊んだ。帰途この地長井に立ち寄り、「藤屋」に宿泊している。碑の歌は、「長井村に泊まる」から一首を選んだものである。
 宵あさき 長井往還 行きにつつ
  村湯の明り なつかしみけり

 陸上自衛隊少年工科学校、武山駐屯地の前を歩く。大楠芦名口バス停に着く頃には、大きな夕日の太陽が沈みかけていた。

⇒ 三崎口~大楠芦名口周辺 ウォーキングマップ