観音崎から「くりはま花の国」へ
(観音崎~久里浜)

観音崎バス停(京急バス)~観音崎~観音崎自然博物館~ペリー公園~くりはま花の国~久里浜駅(JR横須賀線)
mark観音崎(かんのんざき)
景勝50選の石碑
景勝50選の石碑
引き潮時の岩場
引き潮時の岩場

 観音崎灯台へ通じる海岸では、引き潮時に水中にかくれていた岩場が露出して、潮だまり(タイドプール)ができ岩場の生物が観察できるので、数組の親子が岩場でホンヤドカリ・イソガニなどを探していた。
 灯台へ上がる坂道を登りきると、歴史ある観音崎灯台の前に出る。

観音崎
観音崎(景勝50選)
観音崎灯台
観音崎灯台

 観音崎灯台は、アメリカ、イギリス、フランス、オランダの四か国と結んだ江戸条約で建設を約束した8灯台のひとつである。また、当時、幕府が建設を進めていた横須賀製鉄所に出入する船舶のため、東京湾口に灯台の建設を計画していたこともあって、この事業を引き継いだ明治新政府は、発足早々建設に着手した。建設したのは、横須賀製鉄所雇フランス人首長フランソワ・レオンス・ヴェルニーである。

砲台跡
砲台跡
大久保武雄の句碑
大久保武雄の句碑

 観音崎灯台から観音崎トンネル方面へ下った所に、昔、東京湾防備の要塞として使用されていた砲台跡(明治13年(1880)着工し17年に完成、半円形の2基の砲台が扇形に配置。口径24cm巨砲2門が海に向っていた)が今でも残っている。

mark観音崎自然博物館(かんのんざきしぜんはくぶつかん)
たたら浜と観音崎自然博物館
たたら浜と観音崎自然博物館

 観音崎は東京湾集水域の中で、照葉樹の森や岩礁など多様性に富んだ森と海の自然を有している。当館はこらの豊かな森と海の自然を野外展示として位置づけエコミュージアムとして活動している。
 たたら浜には、昭和33年(1958)から48年(1973)まで「ゴジラの滑り台」があったとのこと。当時、ゴシラ映画の第一作でこの地にゴジラが初出現したことを記念して、地元有志と協賛企業が協力してゴジラの滑り台を造り、幼稚園や小学校の遠足など東京・横浜からも沢山の人達が訪れた。現在は、くりはま花の国内の冒険ランドに再建されている。
 観音崎大橋付近からのたたら浜、海の眺めは美しい。ここから、浦賀駅前を通り海岸線沿いの車道を歩く。途中、西叶神社の境内で休憩をとった。

mark西叶神社(にしかのうじんじゃ)
西叶神社
西叶神社
拝殿の彫刻
拝殿の彫刻

 祭神は応神天皇で、社伝では、養和元年(1181)、京都神護寺の文覚上人が御神霊を石清水八幡宮より勧請したと伝える。また治承年間(1177~81)に源頼朝源氏再興を石清水八幡宮に祈願し、願いがかなったときは適地に一社を建立するという願をかけ、大願成就したので、文治2年(1186)、叶大明神と命名し、ここに創建したとも伝える。
 権現造の社殿で、本殿と弊殿は総檜造、拝殿は総欅造である。その内部は漆による彩色があり、花鳥草木の透彫りの74面の各天井は、華麗ですばらしい。この制作には江戸後期の彫刻師後藤利兵衛義光があたった。

markペリー公園(ぺりーこうえん)
ペリー公園(ペリー上陸記念碑)
ペリー公園(ペリー上陸記念碑)
ペリー記念館
ペリー記念館

 寛永6年(1853)6月3日に、アメリカ合衆国東インド艦隊司令官ペリーの率いる4隻の黒船が浦賀沖にあらわれた。武力を背景にしたペリーの強硬な態度に、江戸幕府はついに6月9日久里浜で上陸を許し、大統領フィルモアからの国書をうけとり、回答は翌年することを約束してペリー一行は引き揚げた。そして翌1854年日米親和条約が締結され、ほかの国々とも同様の条約を締結し、日本は長い鎖国から開国へと大転換した。
 この記念碑は、もとペリー艦隊乗組員のビアズリー退役海軍少将が再来日し、記念碑がないことを嘆いたことがきっかけで、明治34年(1901)7月14日、米友協会がたてたものである。碑には伊藤博文の筆で「北米合衆国水師提督伯理上陸紀年碑」とある。しかし、太平洋戦争中は、敵国の記念碑は屈辱だとして、引き倒され、戦後すぐに復元されるという運命にもあっている。公園内にペリー記念館がある。

館内の展示風景
館内の展示
ペリー久里浜上陸の図
ペリー久里浜上陸の図

 ペリー記念館は、ペリー来航に関する歴史的資料や模型などが展示され、当時の絵巻物や瓦版などから、人々の驚きや動揺を知ることができる。ここは観光コースでもあり、観光バスで大勢の人達がペリー公園、ペリー記念館を訪れていた。ペリー公園の中央には、ペリー上陸を記念して、明治34年(1901)に米友協会が建立したペリー上陸記念碑が残っている。

markくりはま花の国(くりはまのはなのくに)
ハーブ園
ハーブ園
イヌサフラン
イヌサフラン

 多種多様なハーブを一堂に集めた関東エリア有数のハープ園である。イヌサフランは秋に赤紫色の花が先に咲き、葉は春に茂る。

フラワートレイン
フラワートレイン
キバナコスモス
キバナコスモス

 フラワートレインは、コスモスまつり期間中は無休で運行されている。

ゴジラのすべり台
ゴジラのすべり台
冒険ランド
冒険ランド

 昔、たたら浜にあったゴジラのすべり台が「冒険ランド」に再現された。冒険砦、ローラー滑り台など大型遊具があり、子供たちに人気の場所である。
 冒険ランドを少し下ると、広大なコスモス・ポピー園が見渡せる場所に出る。

子ども達の遠足
子ども達の遠足
レモンブライト
レモンブライト

コスモス・ポピー園
コスモス・ポピー園(花の名所100選)

 コスモス・ポピー園は、9月上旬のジニアからレモンブライト・ベルサイユ・センセーション・イエローキャンパスのコスモスが咲く。

センセーション
センセーション
センセーション
センセーション

センセーション
センセーション

イエローキャンパス
イエローキャンパス
センセーション
センセーション

6分咲のコスモス(中央)
6分咲のコスモス(中央)

奥は展望台
奥は展望台
センセーション
センセーション

くりはま花の国(公園50選)
くりはま花の国(公園50選)
コスモス館
コスモス館

 第1駐車場近くのコスモス館では、園内インフォーメーションと海軍カレー、地場産品オリジナルグッズなどが販売されている。

mark久里浜天神社(くりはまてんじんしゃ)
鳥居
鳥居
牛乗り天神
牛乗り天神

 ご自身の体の痛いところ、治していただきたいところをなでてから、撫で牛の同じ個所を交互になでてください。

社殿
社殿

 当社は、広く三浦半島全域に鎮座する八十余の神社の内、菅原道真公を主祭神として祀る唯一の神社でもあり、「久里浜の天神さま」と親しまれ、近郊各地よりの参詣も多い。

祖霊社
祖霊社
安産子宝いぬ
安産子宝いぬ

⇒ 観音崎~久里浜周辺 ウォーキングマップ