藤沢から早春の七里ケ浜へ
(藤沢~長谷)

藤沢駅(JR東海道本線)~新林公園~江の島道の片瀬付近~龍口寺~満福寺~七里ケ浜海岸~成就院~長谷駅(江ノ島電鉄)
mark新林公園(しんばやしこうえん)

 JR藤沢駅から繁華街を通り抜け、奥田公園から新林公園に向った。

藤沢駅
藤沢駅
新林公園
新林公園

 新林公園は湿性植物園、里の広場、冒険広場、古民家があり、そして公園内の 自然散歩路を登ると藤沢市街地の展望がある。子供達と一緒に、自然観察を楽しむことが出来る素晴らしい公園である。

旧小池邸
旧小池邸
囲炉裏
囲炉裏

 江戸時代天保12年(1841)に棟上された建物で、市の文化遺産として、昭和58年(1983)に新林公園内に移築された。寄棟造の茅葺屋根、土壁、石基礎で土台は栗が使われている。小池家の先祖は、足利尊氏に伝え、江戸時代になって柄沢に移ったと伝えられる。

子供達が遊ぶ湿性植物園
子供達が遊ぶ湿性植物園

自然散歩路
自然散歩路
藤沢市街地の展望
藤沢市街地の展望

mark江の島・片瀬付近(えのしま・かたせふきん)

 新林公園の南口にある片瀬山北公園を通り抜け、新屋敷橋手前を左折し江の島へ通じる細い道を歩く。松並木や蔵のある家など、昔の時代を思わせる旧道(古道50選)で、片瀬小学校横には江の島弁財天道標残っている。

江の島弁財天道標
江の島弁財天道標
江の島・片瀬付近
江の島・片瀬付近

 江島神社に参詣する人々の道しるべに寄与されたものと伝えられ、現在市内にある十余基が市重要文化財に指定されている。いずれも火成岩製。ほぼ同じ大きさの尖頭角柱型であり、多くが前面に”えのしま道”と刻まれている。

mark龍口寺(りゅうこうじ)
龍の口刑場跡
龍の口刑場跡
山門
山門

大本堂
大本堂

 寺伝によると、寺の開基は日蓮の弟子日法で、宗祖日蓮法難の故地に、延元2年(1337)草庵を設け、日蓮上人像を彫刻して安置したのが始まりとされるが、諸説ある。境内に諸堂宇がたてられ、寺観が整えられたのは慶長年間(1596~1615)のことで、腰越津村の信者島村采女が土地を寄進し、池上本門寺十三世の日尊上人が日蓮宗の熱烈な信者である武将加藤清正の願いをうけいれて祖師堂(大本堂)を建立させた。その後、祖師堂は一時衰退して、天保3年(1832)に再建され、大正12年(1923)の関東大震災で大破したが、修理を施して今日に至っている。

五重塔
五重塔
延寿の鐘
延寿の鐘

 龍口寺は通称「龍の口」と呼ばれ、山門を潜ると境内には大本堂、五重塔、仏舎利塔などがあり参拝者も多い。鐘楼堂の2.6トンの大鐘は「延寿の鐘」と呼ばれている。

釈尊のご真骨を安置する仏舎利塔
釈尊のご真骨を安置する仏舎利塔

相模湾の眺め
相模湾の眺め

mark満福寺(まんぷくじ)

 龍口寺から江ノ電と車が走る道を歩き、腰越駅近くにある源義経ゆかりの満福寺を見る。鎌倉の歴史を勉強されてる年配者が、沢山訪れていた。

山門
山門
源義経公慰霊碑
源義経公慰霊碑

本堂
本堂

 満福寺の開山は行基と伝えられるが定かでない。中興開山は平安末期の高範という。山門を入ると本堂があり、本尊は木造薬師如来像。寺の宝物は依頼すれば拝観することが可能である。

弁慶の手玉石
弁慶の手玉石
弁慶の腰掛石
弁慶の腰掛石

 現在、弁慶筆と伝える「腰越状」の下書きが残されている。そのほか、江戸時代の「腰越状」の版木、弁慶所用の椀・錫杖などを所蔵、寺の各部屋に鎌倉彫りの技法を用いて源義経の生涯を描いた襖絵がある。境内には弁慶の腰掛石、弁慶の手玉石などが伝説とともに残されている。

mark七里ヶ浜海岸(しちりがはまかいがん)

 北風も無く穏やかに晴れた七里ケ浜海岸は、水際の砂浜を散歩する人や砂浜で遊ぶ子供達で、もう春がやって来た様な風景である。休憩を取る。その瞬間、「食べていたチーズをトンビ横取りされる事態が発生」。アッという間の出来事でビックリした。(海岸には沢山のトンビが飛んでおり、十分ご注意下さい!)

砂浜で遊ぶ子供達
砂浜で遊ぶ子供達(日本の渚100選)

 かつては、海食崖に直接波が打ち寄せる険阻な地形のため、交通は困難であった。奈良~平安時代の鎌倉には、現在の鎌倉駅西方に鎌倉郡衙が置かれており、源頼義や鎌倉景政らの武将も居住していたが、上方や相模国衙との連絡には主に大仏坂や化粧坂が用いられ、最短ルートの七里ヶ浜は余り用いられなかったと思われる。鎌倉幕府が開かれると、忍性により極楽寺の再興と共に極楽寺坂切通しが整備され、上方と結ぶ重要なルートとなった。

フリーマーケット(七里ケ浜駐車場内)
フリーマーケット
稲村が崎・磯づたいのみち
稲村が崎・磯づたいのみち

 フリーマーケットが行われていて、大勢の方々が衣類などを買い求めていた。「稲村(いなむら)が崎(さき)・磯づたいのみち」の砂浜を歩き、稲村が崎から成就院へ向った。

mark成就院(じょうじゅいん)
本堂
本堂
本尊さまご分身
本尊さまご分身

 新言宗大覚寺派に属する成就院は北条泰時が一族の武運を祈願して堂宇に建立したものの新田義貞の鎌倉攻めの際に戦火を逃れて移転、300年ほど経ってから当地に戻ったという歴史を秘めた寺である。

由比ケ浜の眺望
由比ケ浜の眺望

 成就院の参道はアジサイの名所で知られている。又、由比ケ浜の眺望は素晴らしい。ここから長谷駅までは約10分で着いた。

⇒ 藤沢~長谷周辺 ウォーキングマップ