芦ノ湖畔散歩
(大観山~箱根関所跡)

大観山バス停(箱根登山バス)~大観山の展望台~芦ノ湖野草園~箱根関所跡~恩賜箱根公園~箱根神社~小田急山のホテル~箱根園バス停(西武バス)
mark大観山の展望台(だいかんざんのてんぼうだい)

 MAZDAスカイラウンジ前でバスから降りる。半袖シャツでは多少ヒンヤリしたが、歩くには適した季節、芦ノ湖(自然)に向って車道を歩き始める。(スピードを出す車とオートバイに注意!)

MAZDAスカイラウンジ
MAZDAスカイラウンジ
景勝50選の石碑
景勝50選の石碑

 富士見峠を過ぎた所に展望台(天閣台)があり、ここの展望台からの芦ノ湖、富士山の展望は素晴らしい。ただ、肝腎な富士山は雲の上に山頂を覗かせる程度だった。

大観山の眺望(雲の上に富士山)
大観山の眺望(景勝50選)

 大観山(自然)は「だいかんやま」とも呼ばれ、足柄下郡箱根町と湯河原町の境にある標高1,011mの山で、箱根古期外輪山のひとつである。ここからの眺めは実に素晴らしい。芦ノ湖がすぐ目の下にあり、その海岸線を取り囲むようにして箱根の山並が続いている。さらに、芦ノ湖の向うには富士山が望め、相模湾やそこに突き出した真鶴岬初島伊豆大島までが遠望ができる。

芦ノ湖の朝靄
芦ノ湖の朝靄

朝日を浴びる富士山
朝日を浴びる富士山

 大観山は箱根の山塊をはじめ、富士山や相模湾を大観できることからこの山名になったというが、名前の由来はもうひとつある。駒ヶ岳山頂乙女峠長尾峠とともに、富士山の良い眺望地点なので、富士山を好んで描いた日本画家の大家横山大観にちなんだという。

2009.10.11 初秋の箱根・芦ノ湖youtube

 日本の山岳中、群を抜いた高さを誇る富士山は、典型的なコニーデ式火山。いずれの方向から眺めても円錐形の均整のとれた姿は美しく、年間を通じて人々の目を楽しませてくれる。東海道本線や新幹線の車窓から見ると、右手に宝永山、左手には荒々しい剣ガ峰大沢が望め、初めて見る人の心を奪う。

mark芦ノ湖野草園(あしのこやそうえん)

 国道1号線(関所南)手前に、「世界の花の散歩道」と呼ばれる芦ノ湖野草園がある。小高いの山には、世界各国から集められた野草の花々が一杯咲き乱れていた。

芦ノ湖野草園
芦ノ湖野草園
コマクサ
コマクサ

 約1000種類の野草(ヤマユリは花の名所100選)の中でもクマガイソウ群生が眼に付き、そして昔北アルプスの山で見たことのあるコマクサが懐かしく写真を撮った。

クマガイソウ(熊谷草)
クマガイソウ(熊谷草)
タマザキサクラソウ
タマザキサクラソウ

mark箱根関所跡(はこねせきしょあと)

 箱根の関所といえば、特に厳しい取り締まりが行われた関所として有名だ。その厳格さを物語るエピソードがある。水戸黄門の通称でおなじみの水戸藩二代藩主徳川光圀の一行が、関所を通過した際のこと。一行は関所の番士がいったん止まるように頼んだにもかかわらず、そのままずんずんと通り過ぎてしまった。

箱根関所跡 
箱根関所跡(国史跡)
箱根関所資料館
箱根関所資料館

 箱根関所跡から100mほど奥に入った所に、箱根関所の歴史を教えてくれる箱根関所資料館もある。御番所茶屋前でしばらく休憩をとり、恩賜箱根公園に向った。

箱根関所跡全景
箱根関所跡全景

⇒ 大観山~箱根関所跡周辺 ウォーキングマップ