強羅公園の春の花々
(強羅公園)

駒ヶ岳登り口(伊豆箱根鉄道バス)~(駒ヶ岳ケーブルカー)~駒ヶ岳~防ケ沢分岐~早雲山~(早雲山ケーブルカー)~強羅公園~(施設めぐりバス)~箱根湿生花園~仙石バス停(伊豆箱根鉄道バス)
mark強羅公園(ごうらこうえん)
噴水池
噴水池

 噴水のある池を中心に、熱帯植物館や高山植物園など、さまざまな植物園が点在する。平成10年(1998)春に完成した熱帯ハーブ館では、カルダモンや胡椒など、身近な香りの樹木やパイスハーブが集められている。山野草園、菖蒲園、ブーゲンビレア館などもある。また、園内に咲いているシャクナゲは花の名所100選に選定されている。

正面入口
強羅公園
シャクナゲ
シャクナゲ(花の名所100選)

 山野草園では、「春の山野草展」を開催中で、ハッカクレン・ゆきもちそう・たかねえびね・ニリンソウ・はくさんちどり、姫うらしまそう等、多くの種類の山野草が園内に咲き、また植木鉢に展示されていた。

ゆきもちそう
ゆきもちそう
ハッカクレン
ハッカクレン

たかねえびね
たかねえびね
山野草園
山野草園

 ブーゲンビレア館は、国内最古のブーゲンビレアを中心に本土では見ることの出来ない幹が直径30cmもあろうかと思われる盆栽風に仕立てられた大株や、エキゾチックな色彩のハイビスカス、また色鮮やかな四季咲きの銘花・珍花を集め、館内は常に南国ムードにあふれている。

ブーゲンビレア館
ブーゲンビレア館
アブチロン
アブチロン

ジングー・イエロー
ジングー・イエロー
ホウガンボクの実(直径12.9cm)
ホウガンボクの実(直径12.9cm)

 熱帯植物館は、熱帯植物をテーマに、シンボルのキャノンボールツリーを中心に巨岩から落ちる滝がせせらぎをつくり珍しい熱帯の植物の間を流れる、トロピカルムードがいっぱいのパラダイスである。

2005.6.25 箱根登山電車とあじさいyoutube

⇒ 強羅周辺 ウォーキングマップ