旧東海道を歩く
(京急川崎~新子安)

週末ウォーキング / 神奈川 / 川崎市
京急川崎駅(京急本線)~川崎宿~京急八丁畷駅~市場一里塚~鶴見川橋~鶴見神社~国道駅~道念稲荷神社~生麦事件の碑~キリン横浜ビアビレッジ~新子安駅(JR京浜東北線)
mark川崎宿(かわさきしゅく)

 京急川崎駅から市役所方面へ向って歩き、砂子一丁目交差点付近で旧東海道の「川崎宿の説明板」を見つける。昔は、大名や公家などが宿泊する本陣・問屋場・商家などが軒を並べ、賑わいを見せた川崎宿である。

旧東海道の石柱
旧東海道の石柱
小土呂橋
小土呂橋

 東海道のスタート地点である江戸の日本橋から、4里(16km)の位置にあった。川崎宿に入るには、六郷川(多摩川)の下流部)を渡らなければならない。今でこそ多摩川には幾つもの橋が架かり往来は容易になっているが、当時はこの川を渡るのも一苦労だった。橋を架けても、川が氾濫してすぐに流されてしまう始末。元禄元年(1688)に最後の橋が流されてからは、軍事的な理由もあって新たな橋を架けることはせず、渡し舟を使って人々は六郷川を渡るようになった。現在多摩川に架かっている橋のひとつ、東京都大田区東六郷と神奈川県川崎区本町を結ぶ六郷橋がある。

旧東海道の案内図(鶴見図書館前にて)
旧東海道の案内図(鶴見図書館前にて)

 ここから鶴見方面へ向って旧東海道を歩く。今も街道沿いに残る神社・寺・旧跡には、詳しい説明板や旧東海道の案内図が整備されているので、歩きながら江戸時代の歴史を知ることが出来る。

mark京急八丁畷駅(けいきゅうはっちょうなわてえき)

 京急八丁畷駅手前の線路沿いに「芭蕉句碑」がある。ここ八丁畷の由来は、川崎宿を過ぎてから隣の市場村の区間は八丁(約870メートル)あり、道が田畑の中を真直ぐのびていたので八丁畷と呼ばれた。

京急八丁畷駅
京急八丁畷駅
芭蕉句碑
芭蕉句碑

芭蕉句碑の建物
芭蕉句碑の建物
説明板
説明板

 俳聖松尾芭蕉は1694年5月江戸深川の庵を立ち、郷里の伊賀への帰途、川崎宿に立ち寄り門弟たちとの惜別の思いをこの句碑にある。(麦の穂をたよりにつかむ 別れかな)

mark市場一里塚(いちばいちりづか)

 京急の踏切を渡り、ここから鶴見川までの間に、熊野神社・市場一里塚・ 金剛寺がある。なかでも熊野神社は、およそ1200年前、紀州熊野本宮の御分霊をこの地に勧請したのが始まりと伝えられる由諸ある神社であり、古事記・日本書紀の神話を題材にした仮面黙劇の市場神代里神楽が残っている。

熊野神社 正面
熊野神社 正面
熊野神社
熊野神社

市場一里塚
市場一里塚
金剛寺
金剛寺

 市場一里塚は、市場は江戸(日本橋)より五里目の塚に当たり、横浜市内で最初の一里塚である。明治10年(1877)地租改正にあたり払下げられ、左側の塚が現存している。昭和初期まで塚の上には榎の大木が繁茂していた。
 金剛寺の前から正面にアーチ型の 鶴見川橋が見えてくる。今日は青空に恵まれ、鶴見川橋の上から眺める鶴見川の景観は美しかった。

mark鶴見川橋(つるみがわばし)
鶴見川橋
鶴見川橋
鶴見橋関門旧跡
鶴見橋関門旧跡

 鶴見川橋を越えた左手には鶴見橋関門旧跡が残っている。横浜開港(1859年)後、外国人への危害を防ぐため関門や番所を設けて、横浜に入る者を厳しく取り締まった関門の一つである。

mark鶴見神社(つるみじんじゃ)
鶴見神社
鶴見神社
鶴見駅前の信楽茶屋
鶴見駅前の信楽茶屋

 JR鶴見駅近くにある鶴見神社の創建は推古天皇代と伝えられ、横浜・鶴見の間では最古の社である。又、「鶴見の田祭り」は鎌倉時代から受け継がれた伝統行事で、毎年4月29日(みどりの日)に境内で行われる。

mark国道駅(こくどうえき)
国道駅
国道駅
生麦魚海岸通り
生麦魚海岸通り

 京急鶴見駅より約20分でJR鶴見線の国道駅に着いた。駅の開業は昭和5年、JR鶴見線と国道との交差にあることから国道駅となった。今でも、高架下の様子は昭和初期の風情が残っている。国道駅から生麦魚海岸通りを歩き、「蛇も蚊も祭り」で知られる道念稲荷神社から「生麦事件の碑」へ向った。

mark道念稲荷神社(どうねんいなりじんじゃ)
道念稲荷神社
道念稲荷神社
生麦事件の碑
生麦事件の碑

 道念稲荷神社の横浜市指定無形民俗文化財「蛇も蚊も」は、約300年前に悪疫が流行した時、萱で作った蛇体に悪霊を封じ込めて海に流したことに始まると伝えられている。この行事は端午の節句の行事とされていたが、現在は6月の第一日曜日に行われている。
 生麦事件は1862年、朝廷は幕府に攘夷断行を求め、江戸に赴く大原勅使の護衛として薩摩の島津久光が同行し、その帰途、行列を横切ろうとしたイギリス人1行を生麦で殺傷した。この事件を土地に因んで生麦事件といい、薩英戦争の契機となった。

markキリン横浜ビアビレッジ(キリンよこはまビアビレッジ)
キリン横浜ビアビレッジ
キリン横浜ビアビレッジ
バスツアーの見学者
バスツアーの見学者

 キリン横浜ビアビレッジでは、ビールの歴史を学んだり、瓶・缶・樽それぞれの製造ラインを無料見学するツアーがある。約40分間の見学の最後には、試飲コーナーで出来たてのビールを頂けるので横浜の人気スポットになっている。(予約が必要)

試飲コーナー
試飲コーナー
パブブルワリースプリングバレー
パブブルワリースプリングバレー

 ここから、第一京浜(国道15号)を歩きJR新子安駅に着いた。

⇒ 旧東海道(京急川崎~新子安)周辺 ウォーキングマップ

梅屋敷駅(梅屋敷公園)へ left right 新子安駅へ
鶴見駅へ