金時山から乙女峠を歩く
(仙石)

仙石バス停(箱根登山バス)~金時神社~金時宿石~矢倉沢峠分岐~金時山~長尾山~乙女峠~乙女口~仙石バス停(箱根登山バス)
mark公時神社(きんときじんじゃ)

 箱根湯本駅から桃源台行きの箱根登山バスに乗り、8時過ぎに仙石バス停に着いた。ここから御殿場へ抜ける国道138号を約15分歩き、公時神社入口から少し上がった所に公時神社がある。境内の駐車場には登山者の車が数台停められていた。
 金時山(箱根外輪山の最高峰)は、富士山の眺望、花、紅葉と、四季を通じて楽しめる。また、手軽に登れる山として、多くの登山者に人気がある。

公時神社入口
公時神社入口
公時神社
公時神社

 公時神社の祭神は坂田金時。幼名を金太郎といい、怪力の持ち主で熊と相撲をとったと童話にある。強健で、武勇に優れた人物として五月人形にもなり、子どもの神、健康の神として広く崇められている。坂田金時に改名し、平安後期の源頼光の四天王の一人といわれた。

説明板
説明板
巨大なマサカリ
巨大なマサカリ

 公時神社で参拝した後、杉並木が美しい登山道を登り始める。最初はゆっくりペースで歩き、約20分で金時宿石の前に着いた。この大きな金時宿石には、「金太郎が山姥と一緒に岩の下で暮らしていた」の伝説が残っている。そして、登山道は金時宿石を越える辺りから急勾配になり、全身に汗をかきながら矢倉沢峠分岐へ向かった。

登山者
登山者
登山道
登山道

金時宿石
金時宿石
仙石原のゴルフ場
仙石原のゴルフ場

 矢倉沢峠分岐近くになると、後方に仙石原のゴルフ場 が沢山見えてくる。また、東方面には明神ケ岳を望むことができる。そして、矢倉沢峠分岐で小休止を取った後、最後の急坂を登り金時山に着いた。

矢倉沢峠分岐
矢倉沢峠分岐
最後の急坂
最後の急坂

mark金時山山頂(きんときやまさんちょう)

 金時山山頂 (自然)は、富士山に向って幾つものテーブルがつくられており、登山者はテーブルに座りながら、富士山をバックに記念写真が撮れる最高の場所である。頂上にある金太郎茶屋と金時茶屋は、多くの登山者でにぎわっていた。

金時山山頂
金時山山頂
山頂の祠
山頂の祠

 金時山はかっては山の形から猪鼻嶽と呼ばれていたが、源頼光の四天王の一人坂田公時が、この山で山姥に育てられたという伝説から、江戸時代の後期には金時山とも呼ばれるになった。山頂には県境、一市二町の境で金太郎伝説を伝える南足柄市、小山町、箱根町それぞれの市町村を向いて祠が建っている。

金時娘の茶屋
金時娘の茶屋
山頂の祠
山頂の祠

 金時娘の茶屋は金時娘(小宮山妙子)さんの父、正さんは富士山の強力で抜群の力もちといわれ、昭和16年北アルプスの白馬岳の山頂に188Kgの風景指示盤を背負い上げた。コミさんと親しかった作家新田次郎氏は、その後コミさんをモデルに「強力伝」を発表し、直木賞を受賞したことはよく知られている。

金太郎茶屋
金太郎茶屋
登山回数と名前を書いた木札
登山回数と名前を書いた木札

 金太郎茶屋の中には、登山回数と名前を書いた木札が、登山回数が多い順に並べられている。なんと、最高回数3600回の木札には驚きの一言であった。一方、金時茶屋は評判の「金時娘」で良く知られている茶屋である。

登山者名簿に記帳
登山者名簿に記帳
長尾山への縦走路
長尾山への縦走路

 金時山から長尾山経由して乙女峠までは約1時間コース、金時山の下山ルートとして利用するのもよい。縦走路では、小さな花や美しい蝶「アサギマダラ」(日本列島を秋には南下し、その子孫が春には北上する)を身近に見ることができた。

富士山
富士山
美しい蝶「アサギマダラ」
美しい蝶「アサギマダラ」

mark乙女峠(おとめとうげ)

 乙女峠(自然)からの富士山の眺望は、写真の絶景ポイントとして良く知られ、美しい富士山を撮影することができる。 乙女茶屋のご主人は、「よく晴れた冬の時期には、大勢のカメラマンが乙女峠に登ってくる」と説明してくれた。

乙女峠
乙女峠
乙女峠からの富士山
乙女峠からの富士山

 乙女峠は、 昔、仙石原の娘が父親の病気を治そうと、峠の先の地蔵堂に日参し、満願の日に父親の病気は治りましたが、彼女は雪に埋もれて死んでしまった、と伝えられる。彼女の霊を哀れみ、乙女峠と呼ばれている。

乙女茶屋
乙女茶屋
乙女口
乙女口

 今回の金時山、乙女峠の登山は2回目だったが、新たな発見があり、また、違う季節に登ってみたいと思った。

⇒ 金時山・乙女峠周辺 ウォーキングマップ