川崎市農業技術支援センターの梨
(稲田堤)

稲田堤駅(JR南武線)~川崎市農業技術支援センター~稲田堤駅(JR南武線)
mark川崎市農業技術支援センター(かわさきしのうぎょうぎじゅつしえんセンター)
入口
入口
育苗温室、野菜温室、熱帯果樹温室
育苗温室、野菜温室、熱帯果樹温室

 昭和34年(1959)に園芸技術普及農場山地果樹試験地として設置され、昭和47年(1972)に川崎市フルーツパークに名称変更し一般開放された。その後、平成20年(2008)には現在の農業技術支援センターに名称が変更された。

休憩室・展望室
休憩室・展望室
ナシ園・ウメ園
ナシ園・ウメ園

生水の原木
生水の原木
生水の原木
生水の原木

 川崎市で当麻辰次郎(当麻長十郎)が発見した"長十郎"誕生からおよそ100年後、川崎市在住の太田さんが豊水の花と二十世紀の花粉を交配した種から育て、平成13年(2001)に登録された新しい品種。地元生田のナシということで"生水"と名づけられました。大きさは500g~700gと大きめで、やや酸味がありますが甘くておいしい品種です。(農業技術支援センターHPより)

ナシ園
ナシ園

ナシの花
ナシの花(花の名所100選)

ナシの花
ナシの花

ナシの花
ナシの花

⇒ 稲田堤周辺 ウォーキングマップ