相模国一之宮「寒川神社」
(宮山~寒川)

宮山駅(JR相模線)~寒川神社~寒川駅(JR相模線)
mark寒川神社(さむかわじんじゃ)
一之鳥居
一之鳥居
寒川神社参道(古道50選)
寒川神社参道(古道50選)

 一之鳥居から境内南側に至る参道で松と桜の並木が道沿いに続く。天保10年(1839)の「相中留思記略」にも松並木が描かれている。

ソメイヨシノ(花の名所100選)
ソメイヨシノ(花の名所100選)
ヒガンザクラ
ヒガンザクラ

 1kmにおよぶ参道の両側には、約250本の桜(ソメイヨシノ、ヒガンザクラ他)が咲く。

大鳥居(二之鳥居)
大鳥居(二之鳥居)
神池橋・三の鳥居
神池橋・三の鳥居

 寒川神社は八方除・方違、最近は交通安全の神としても広く信仰を集めるが、平安前期の『延書式』にのるいわゆる式内社で、しかも相模国では唯一の名神大社である。その後、相模国一宮と位置づけられた。祭神は寒川比古命と寒川比女命の2柱で、古代にこの地方を開発した豪族をまつったものと考えられる。
 神池橋は神池にかかる太鼓橋で、神様がお渡りになる橋と言われている。

神池
神池
「相模薪能 石橋」像
「相模薪能 石橋」像

 終戦記念日の8月15日、先の大戦において尊い命を捧げられた英霊への慰霊と世界の恒久平和を祈り、寒川神社では相模薪能が開催されている。

神門
神門

 寒川神社は奈良時代の天平神護元年(765)、あるいは神亀4年(727)に創建、承和元年(834)に再興とあるが、その背景はよくわかっていない。文献では『続日本後紀』の承和13年(846)に、はじめて従五位下の神階があたえられたとみえる。これ以後、歴史書に散見する。源頼朝が寿水元年(1182)に、頼家の誕生にあたり馬を奉納している。北条政子・義時・重晴らが社参し、奉幣している。

神門
神門
神門(正月)
神門(正月)

 新年には「迎春ねぶた」が掲げられる。

神馬舎
神馬舎
ソメイヨシノ開花
ソメイヨシノ開花

 神馬舎は平野富山師作の猿に曳かれた神馬の彫刻が納められている。

本殿
本殿

 戦国時代の大永2年(1522)には北条氏綱が社殿を造営し、天文15年(1546)には北条氏康が宝殿を再興している。天正19年(1591)には徳川家康により、100石の社領があたえられた。この社領は江戸時代をとおして同額であった。現在の社殿は、関東大震災後の昭和2年(1927)に建てられたものである。

拝殿
拝殿
馬場側から見た西廻廊
馬場側から見た西廻廊

馬場(奥が神嶽山神苑)
馬場(奥が神嶽山神苑)
方位盤と渾天儀
方位盤と渾天儀

 寒川神社は、古くから全国唯一の八方除の守護神として信仰されている。八方除とは、地相・家相・方位・日柄等から起因する、すなわち方位神によるあらゆる悪事災難を除く方災厄除の神としての御神徳である。

東の青龍
東の青龍
南の朱雀
南の朱雀

西の白虎
西の白虎
北の玄武
北の玄武

 四神は、天の四方の方角を司る霊獣が配している。

黒松
黒松
梛(なぎ)
梛(なぎ)

 平成20年(2008)12月23日の天皇陛下御即位20年記念植樹。
 松は日本を代表とする木であり寿命が長く、冬の寒さにも耐え常に緑を保つことから長寿の表象と仰がれている。
 梛は古来その葉に神霊が宿るとされ、これを守り袋に秘めて災難除にするなど縁起のよい木として崇められている。

⇒ 門沢橋~平塚周辺 ウォーキングマップ