春の花咲く長谷寺・御霊神社
(長谷)

長谷駅(江ノ島電鉄)~長谷寺~御霊神社~長谷駅(江ノ島電鉄)
mark長谷寺(はせでら)
山門
山門
梅見頃
梅見頃

 長谷観音で知られる長谷寺である。開基は藤原房前、開山は徳道といわれ、天平8年(736)の創建と伝えるが、大和長谷寺の縁起にならったものとみられる。

放生池周辺の冬至梅
放生池周辺の冬至梅

 妙智池と放生池の2つの池が配され、その周囲を散策できる回遊式庭園となっており、また、境内全域で四季折々の花が楽しめる。

枝垂梅
枝垂梅
白梅
白梅

福寿草
福寿草
福寿草
福寿草

地蔵堂
地蔵堂
鐘楼
鐘楼

 観音堂内に祀られていた「延命地蔵尊」(観音ミュージアムで所蔵)に加え、「福壽地蔵」を祀る地蔵堂である。
 古鐘は文永元年(1264)の銘を持ち、鎌倉でも常楽寺建長寺に次ぎ三番目に古い梵鐘である。(観音ミュージアムで所蔵)

本堂(観音堂)
本堂(観音堂)

 本尊の十一両観音は高さ9mをこす巨大なもので、木造の観音像では日本最大である。足利尊氏・義満や徳川家康らの信仰も伝えられ、坂東三十三観音の第4番札所として知られる。

阿弥陀堂
阿弥陀堂
観音ミュージアム
観音ミュージアム

 阿弥陀堂には、源頼朝が42歳の厄除けに建立したと伝える、厄除阿弥陀といわれる阿弥陀如来像がまつられている。

見晴台
見晴台
逗子マリーナ方面の眺望
逗子マリーナ方面の眺望

 鎌倉八景のうち「長谷の晩鐘」と謳われた景勝地でもあり、その眺望は、由比ケ浜はもとより、遠く三浦半島や相模湾をも一望できる。
 また、観音山に広がる眺望散策路は、梅雨を迎える頃には「あじさいの径(こみち)」となり、40種類を超えるアジサイの花が楽しめる。

マンサク
マンサク
ロウバイ
ロウバイ

経蔵
経蔵
マニ車(摩尼車)
マニ車(摩尼車)

 経蔵には輪蔵どよばれる回転式書架に一切経がおさめられている。写経が、経蔵内に末永く納められている。

河津桜
河津桜
メジロ
メジロ

弁天堂
弁天堂
福徳弁才天
福徳弁才天

 弁才天像は、弘法大師が廻国修行の折、当山の岩窟に参籠し感得して自ら刻まれた尊像といわれ、江戸時代には「出世弁才天」の名で世に知られている。(観音ミュージアムで所蔵)
 出世弁才天の代わりに、「福徳弁才天」が祀られている。

弁天窟
弁天窟
弁財天像と十六童子像
弁財天像と十六童子像

 弁天窟の壁面には、弁財天とその眷属である十六童子が刻出されている。

大黒堂
大黒堂
さわり大黒
さわり大黒

 大黒天像は、応永19年(1412)の銘をもつ神奈川県でも最古の尊像である。(観音ミュージアムで所蔵)
 堂内には「出世開運授け大黒天」や「さわり大黒」が配られ、鎌倉・江の島七福神巡りの一つとしてご参拝の方々に親とまれている。

枯山水庭園
枯山水庭園
書院(写経場)
書院(写経場)

 書院は写経道場として平成25年(2013)9月に竣工し、当山では毎日写経・写仏ができる。

和み地蔵
和み地蔵
スイセン
スイセン

mark御霊神社(ごりょうじんじゃ)
御霊神社
御霊神社

 御霊とは、強く尊い祖先の御魂の意で、神社の創建は平安時代後期と伝えられる。桓武天皇の子孫で「鎌倉武士団」を率いた鎌倉権五郎景正を祀っている。

本殿
本殿
本殿
本殿

 景正は、「後3年の役(1083~)」に16歳で出陣して勇名をはせ、その後現在の鎌倉・湘南地域を開発した領主である。地元では「権五郎さま」で親しまれている。
 毎年9月に行われる面掛行列は、伎楽や舞楽、田楽などの古い面をつけた面掛衆が練り歩く珍しい祭事である。

袂石・手玉石
袂石・手玉石
石上神社
石上神社

 袂石(約60kg)・手玉石(約105kg)。御祭神景正公が手玉に取り、袂に入れたと伝えられる。
 境内には、石上神社・地神社・金比羅社・秋葉神社・祖霊社などの諸社が祀られてい。石上神社は海を祀る神社で、海中より引き揚げたという巨石を御神体としている。毎年7月に御供流しといわれる石上神社例祭が行われる。

金毘羅社
金毘羅社
宝物殿
宝物殿

 宝物館には、面掛行列に使われる江戸時代の仮面が保存されている。仮面のうちの福禄寿は、鎌倉・江の島七福神の1つに数えられている。

⇒ 長谷周辺 ウォーキングマップ