週末ウォーキング(自己紹介)

週末ウォーキング
自己紹介

 gif コンピュータの基礎を学び、ソフト業界の仕事に携わって40年以上になります。普通の電化製品と同じように、各家庭に普及したパソコンがインターネットを通じて、企業・個人を問わずネットワーク化されているIT化は、今急成長で発展しています。このような素晴らしいネット世界の中で、自分なりの情報発信ができるサイトを目指し、日頃の運動不足解消と頭のリフレッシュも兼ねて、ホームページ製作を楽しんでいます。

mark名前 西田 忠夫
mark生れ 1945年生まれ
mark会社 株式会社スカイソフト
mark住所 横浜市内
mark資格 技術士(情報工学部門)

写真は妻と孫と札幌で

mark財団法人かながわ健康財団発行
markいつも楽しく歩く
ヴィサン100号掲載 2006年5月】
 8年前にホームページ「週末ウォーキング」を立ち上げました。1年前に長年勤めた会社(インテック)を定年退職。現在はIT関連の事務所を経営する傍ら、文字通り「週末歩き」を楽しんでいます。当初は細々と始めたホームページですが、クチコミをはじめマスコミに紹介されるなどして仲間も増え、内容も除々に充実させてきました。インターネットを通し、多くの出会いがありますが、ヴィザン読者の皆様との出会いもまた新たな励みとさせていただき、季節折々神奈川の魅力にふれていきたいと思っています。
 そもそも、私が「歩くこと」の楽しさを覚えたのは社会人1年生の頃、会社(王子製紙)の先輩に伴って5月の北アルプスへ出かけたことが始まりです。早朝バスで上高地に着き、そこから重い荷物を担ぎ明神・横尾を通り、初日の宿は槍沢小屋横のテントでした。翌日、夜明け前から雪渓を登り、西岳の稜線上に輝く金星や槍沢上部に見える槍ヶ岳の荘厳な景色、さらに槍ヶ岳山頂360度大展望の素晴らしさを体験して以来、大自然の美しさと山登りの面白さに魅了されています。
 会社の転勤で福岡在住の頃は、家族揃って山登りを謳歌。休日は子ども2人を連れて、近郊の宝満山・英彦山・福知山など、山行を存分に楽しんでいました。もともと名古屋で暮らしていた私たちですが、その後、東京で単身赴任生活を経験。家族の待つ名古屋に帰らない休日を、地図と歴史単行本を手に都内の名所・旧跡めぐりをして過ごすようになったのです。
 ホームページを始めたのは、単身赴任を終え、夫婦で横浜市内のマンションに住み始めた頃のこと。車を利用する機会が減ったため、愛車を手放したことをきっかけに、心身の健康にとっての「歩くこと」の大切を再認識。現在はできるだけ公共機関を使い、自分の足で歩くことを心がけています。
 と、こんな私ですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。お出かけの感想などもお待ちしています。

mark目的を持って歩く
ヴィサン101号掲載 2006年7月】
 私のホームページ「週末ウォーキング」をご覧いただいた方々から「コース情報が豊富で、よく歩かれていますね!」といった感想をメールでいただくことがあり、いつも感謝しています。当初は、通勤電車で利用している相鉄電車の沿線ウォーキングに始まり、その後、横浜市内から神奈川県内全域にわたっての名所巡りウォーキングに発展し、8年間ほとんど休みなく、ウォーキング情報の発信を続けています。
 毎回、ウォーキングコースを考えるときには「名所にふさわしい季節」、「一筆書きコース」の2点を意識して歩くようにしています。そして、好きな写真&ビデオの撮影と、見知らぬ土地での歴史散歩などが、私の歩く目的になっています。
 最近は健康ブームで、ウォーキングをされる方が増えておりますが、歩く楽しみや目的を見つけて、自分なりのウォーキングを楽しんでみては如何でしょうか?

mark情報収集が大切です
ヴィサン102号掲載 2006年9月】
 近郊の街や野山を散歩したウォーキング記録を、オリジナルのホームページに掲載中です。私自身がウォーキングを楽しみ、長く継続していくために、計画準備や歩行中で注意しいてることを、少しだけ紹介します。
 歩いてみたい場所とコースを決めたら、歩く時間と想定距離、好きな写真の撮影ポイントなどの情報収集に努めます。ただ、当日の天気がウォーキングにふさわしくない予報であったり、体調が思わしくないときには無理をせず、予定を取り止めます。とくに真夏の炎天下や冬の寒い早朝などの時間帯は、心臓に大きな負担をかけますので、避けたほうがよいでしょう。また、歩行中の注意事項としては、常に水分補給を行い、大量の汗をかかないようにします。
 県内の人気のウォーキングコースで、注意したい場所をいくつか紹介します。三浦半島の海岸線は、満潮時に歩くことができないコースもあり、要注意です。丹沢・大山・箱根などの山間部を歩くときは、必ず詳細な山岳地図を持参すること。河川の増水や道路工事などで通行止めになっている箇所もありますので、現地の観光案内所、他の登山者からも最新情報を得たいものです。国道の幹線道路でも歩道がない所もあるため、歩行時は細心の注意が必要です。
 季節を感じながら、楽しいウォーキングを!

mark素晴らしき神奈川県
ヴィサン103号掲載 2006年11月】
 遠方の観光旅行は、新鮮で楽しいものですが、住んでいる地域周辺の身近な散歩でも、意外に知らなかった季節の花めぐりや、神社や仏閣で歴史を学ぶなど、ちょっとした新発見を楽しむことができます。
 とくに神奈川県内には近代化が進む「横浜みなとみらい」をはじめ、歴史的遺産の鎌倉、美しい海岸線の三浦半島湘南、登山者に人気がある大山・丹沢山系、四季を通じて観光客でにぎわう箱根など、歴史と景観に恵まれた地域がたくさんあります。
 このような景観情報は、県指定の「かながわの50選、100選」として、花の名所公園景勝古道、街並、未来遺産などとして一般公開されています。
 皆さんも、季節にふさわしい名所めぐりで、楽しいウォーキングを実践してください。

mark情報を活用してタウンウォーキングを楽しもう
ヴィサン104号掲載 2007年1月】
 ダイエットや健康増進、ストレス解消など、ウォーキングにはいろいろなメリットがありますが、大事なのは自分なりに長く続けられる目的を持つことです。前回も書きましたが、私は身近な名所や旧跡、花の名所散歩などのテーマを決め、時間の空いた休日にタウンウォーキングを楽しむようにしています。その結果、日頃の運動不足と頭のリフレッシュができればと思っています。
 では実際にタウンウォーキングのテーマをどうやって探せばよいのか、私の場合を例にお話します。
 まずは市販ウォーキングガイドや歴史散歩の本、観光協会発行のガイドブックなどから、自分に合ったテーマを見つけ出すという方法です。そのほか新聞やテレビで紹介された地元の話題やイベントもできるだけ参考にします。時には駅ホームの掲示板やポスターから全く知らなかった話題を見つけることもあります。さらに、それらの情報をインターネットで詳しく調べることによって、次回のウォーキングが、より楽しいものになるのです。
 時には情報化社会。歩く速度は遅くても、情報のスピードには追いついていきたいと思っています。

markウォーキングで新たな発見を!
ヴィサン105号掲載 2007年3月】
 観光地へ出かけるときには、決まって交通機関や自家用車を利用していましたが、最近は身近でよく知っている観光地でも、好きな写真やビデオを撮りながら、ゆっくり時間をかけて歩くようにしています。自分の足で歩いてみると、一般の観光客にはあまり知られていない名所・旧跡などを偶然見つけることがあります。そんなときには、ちょっとした満足感を味わうことができます。そして、道端に咲いている珍しい花を見つけ、花の名前を覚えるのも新発見です。
 また、コース途中に神社や仏閣があれば、できるだけ参拝するようにしています。そして、参考文献で知り得た情報と現地情報から、歴史上の人物の偉大さ、地域のいわれや歴史を初めて知ることがあります。自分なりに趣向を加えたウォーキングができるようになれば、歩くことがあまり苦にならず、きっと、次の歩く機会が楽しみになると思います。

mark風光明媚な神奈川の地を歩いて
ヴィサン118号保存版掲載 2009年5月】
 10年前、自宅のある相鉄沿線界隈を歩くホームページ「週末ウォーキング」を立ち上げました。その後、行動範囲を横浜市内に広 さらに、神奈川県内のウォーキングを意識すると、たまたま本屋で神奈川観光協会発行の『神奈川県観光ガイド』と出会い、「かながわの景勝50選」「かながわの公園50選」「かながわの古道50選」などの選定地情報を知りました。現在では、神奈川県内を歩く時には必ず、この「選定地」を意識してホームページの更新を続けています。
 本誌『ヴィサン』では100号から、企画ページとして同名の連載を担当し、取材のため、もう一度同じ場所を歩きました。以前の情報にも増して、より多くのコース情報と美しい写真を掲載することができたと自負しています。これも、読者の皆様のご意見、ご感想、励ましの声があったからこそと感謝しております。
 海・山・湖など風光明媚な自然に恵まれ、都市生活の便もよい神奈川県。どの街も自然も、週末のひとときをウォーキングとしう余暇で過ごす私を、いつもやさしく迎えてくれました。カメラを向け、写真に収めた思い出のシーン、道往く人々との多くの出会いもまた、私の尊い財産です。
 長い間、ありがとうございました。

参考文献
書名 編集発行 出版 内容
ウォーキングマップル神奈川 旺文社 1998年 ウォーキングマップル
横浜散歩 旺文社 1998年3月  
神奈川観光ガイド 神奈川県観光協会 1999年3月  
かながわ景勝ウォーク50 神奈川県観光協会 2001年3月  
鎌倉文庫 山川出版社 1998年2月  
神奈川花の名所12カ月 山と渓谷社 2000年3月 花紀行
箱根 ゼンリン   登山・ハイキング
丹沢山塊 ゼンリン   登山・ハイキング
かながわの祭と芸能 神奈川新聞社 かもめ文庫 1978年5月 かながわふるさとシリーズ1
かながわの古道 神奈川新聞社 かもめ文庫 1982年6月 かながわふるさとシリーズ9
かながわの寺と社 神奈川新聞社 かもめ文庫 1984年3月 かながわふるさとシリーズ18
かながわの公園 神奈川新聞社 かもめ文庫 1986年3月 かながわふるさとシリーズ23
かながわの植物園 神奈川新聞社 かもめ文庫 1990年1月 かながわふるさとシリーズ33
かながわ山紀行 神奈川新聞社 かもめ文庫 1991年12月 かながわふるさとシリーズ40
かながわ景勝の旅 神奈川新聞社 かもめ文庫 1994年2月 かながわふるさとシリーズ42
新 かながわ花の旅 神奈川新聞社 かもめ文庫 1994年6月 かながわふるさとシリーズ47
かながわの峠 神奈川新聞社 かもめ文庫 1999年3月 かながわふるさとシリーズ57
歴史散歩(都道府県) 山川出版社   都道府県別のシリーズ
歴史散歩(23区) 学生社   東京区別史跡ガイド
東京武蔵野 旺文社 1990年7月  
山手・下町散歩 旺文社 2000年  
週刊江戸 デアゴスティーニ 2010年2月 全100冊
東京花の名所12カ月 山と渓谷社 2004年2月 花紀行
新説 週刊歴史の道 小学館 2010年3月 全50冊
おくのほそ道を歩く 角川書店 2003年4月 全32冊
日本史1200人 西東社 2012年5月 ビジアル百科
身近な樹木 主婦の友社 1998年4月  
花の名前 ポケット時点 NHK出版 1999年9月  
日本の山1000 山と渓谷社 1992年12月 山渓カラー名鑑
白馬・鹿島槍・針ノ木岳 山と渓谷社 1998年4月 空撮登山ガイド
立山・剣・雲の平 山と渓谷社 1997年7月 空撮登山ガイド
槍・穂高・常念岳 山と渓谷社 1997年8月 空撮登山ガイド
中央アルプスと八ヶ岳 山と渓谷社 1998年4月 空撮登山ガイド
週末ウォーキング