座間谷戸山公園(立野台公園)
(かしわ台~海老名)

かしわ台駅(相鉄本線)~(立野台公園)~座間谷戸山公園~星谷寺~四ッ谷(八王子街道)~海老名駅(相鉄本線)
mark座間谷戸山公園(ざまやとやまこうえん)
パークセンター
パークセンター
東口広場
東口広場

 ここ県立座間谷戸山は自然が急速に失われつつある都会の中で、農耕地、雑木林、水鳥の池、涌水などの里山の風情を残す数少ない場所でした。そこで、これらの特徴を生かすため、身近な自然に生きるさまざまな植物や野鳥、昆虫などを観察したり、里山の維持と管理(米作りや雑木林の手入れなど)に参加できる公園として、平成5年(1993)4月29日に開園した。

わき水の谷
わき水の谷
湧き水
湧き水

 座間市内には、多くの湧水池がある。この湧水池は、ほとんどが相模野台地が相模川と目久尻川によって浸食された段丘面に位置している。
 座間谷戸山公園部分は、座間丘陵として相模野台地につき出た形で手のひらを広げたような複雑な地形をつくっており、いくつかの湧水が確認されている。

クヌギ・コナラ観察林
クヌギ・コナラ観察林
カエル沼
カエル沼

 カエル沼には湧水があり、その水が土にしみこんで循環するので、水がよどみません。沼を掘ることでカエルの産卵に適した水辺環境になった。

水鳥の池
水鳥の池
周辺に来る鳥たち
周辺に来る鳥たち

 水鳥の池は、アシ原(休耕田)だった所の一部を広い水面や小さな水面をつくることで、水辺の生き物たちの新たな生活空間とした。

湿生生態園
湿生生態園
湿生生態園
湿生生態園

 水際にはえる植物は小魚をはじめトンボやゲンゴロウ、カエル等水辺を利用する動物に産卵の場や育成の場、休息の場、採餌の場、隠れる場を提供している。

里山体験館
里山体験館
里山体験館
里山体験館

 この建物は、明治から昭和初期に現存したこの地域における中流の農家風民家をイメージしたものである。

田んぼ
田んぼ
長屋門(西入口)
長屋門(西入口)

 田んぼでは、地元農家の方や市民団体の方などの手ほどきをいただきながら、親子での米作りイベントが行われている。

mark星谷寺(しょうこくじ)

 座間谷戸山公園の西入口を出て、小田急小田原線の踏切りを渡るとすぐ右手に星谷寺がある。

仁王像
仁王像
仁王像
仁王像

梵鐘
梵鐘(国重要文化財)
梵鐘
梵鐘

 境内にある嘉禄3年(1227)鋳造銘のある梵鐘には、「大檀那源朝臣信綱」の銘がある。寄進者の信綱は、平治の乱(1159)の落ち武者で、渋谷荘司重国に20年間仕えた佐々木秀義の孫である。鐘は優雅な平安様式を残しながら、新時代の鎌倉様式もみられ、撞座が1つしかないのが珍しい。

弘法大師像
弘法大師像
宝筐印塔
宝筐印塔

 宝筐印塔は宝暦13年(1763)に建立され、大正12年(1923)の関東大震災で倒壊したものを補修復元したものである。

観音堂(星の谷観音)
観音堂(星の谷観音)

 星谷寺は坂東三十三所観音霊場の8番札所である。もとは北東約400mの本堂山(座間谷戸山公園・伝説の丘)にあったが、焼失して、寛延2年(1749)に現在地に移った。

観音堂内 天女の彫刻
観音堂内 天女の彫刻
観音堂内 天人の彫刻
観音堂内 天人の彫刻

咲き分け散り椿
咲き分け散り椿
星谷寺の七不思議
星谷寺の七不思議

 寺伝によると「椿寺」として知られる京都の地蔵院から移植したものと言われる。椿の花弁は一般にひとかたまりのまま散るが、これは一枚ずつ散ることから「咲き分け散り椿」と呼ばれている。
 境内には、星谷寺の七不思議といわれるものがある。

槙の木
槙の木
大銀杏
大銀杏

mark浄土寺(じょうどじ)

 途中、「八王子街道の四ッ谷付近」(古道50選)で、浄土寺を拝見した。

浄土寺
浄土寺
説明板
説明板

 八王子市にある浄土宗大善寺の末寺。元亀年中(1570頃)四ツ谷村民市兵衛の創建にかかわり、開山は願誉門悦である。お寺は初め、四ツ谷の三屋の西側にあったが、相模川の洪水のため流失して現在地に建立された。

mark立野台公園(たてのだいこうえん)
立野台公園の花菖蒲
立野台公園のハナショウブ(花の名所100選)5月中旬

 豊かな松林だったこの地を昭和30年代半ばに宅地開宅した際、涌水を利用した公園として整備され市に移管されたものである。以来、地域のみなさまにより池には魚が放たれ、庭には鹿などの動物も飼われ、又、有志の方々によって花菖蒲「座間の森」などが植えられるなど、市民のいこいの場として親しまれている。
 珍しい品種の花菖蒲は、白地に薄い藤色のぼかしが入り、中心は黄色。三枚の花弁の垂れ咲きが特長である。

黄色のバラが垣根に咲く
黄色のバラが垣根に咲く
垣根のバラ
垣根のバラ

 公園前にある住宅の垣根には、黄色一色のバラが見事に咲いており、通りかかる人達も足を止めて、垣根のバラを眺めていた。

⇒ 座間周辺 ウォーキングマップ