富士山の写真を求めて
(南万騎が原~緑園都市)

トップ / 相鉄沿線ウォーキング
南万騎が原駅(相鉄いずみ線)~隼人中・高~観音寺~緑園都市駅(相鉄いずみ線)

 北海道や北陸地方では大雪が降り続いているが、関東地方は相変わらずの好天気である。今日は、冬の富士山がよく見える所はないかと、南万騎が原駅から高台を歩いた。

mark二俣川(ふたまたがわ)
自宅マンションからの日の出
自宅マンションからの日の出

 部屋の中からベランダに出ると、身が固まりそうな寒さを感じる。いつも、真冬には綺麗な日の出を見ることができる。早めの食事をとって、相鉄いずみ野線に乗る。南万騎が原駅から緑園都市の住宅地を通り抜け、阿久和町方面へ向って歩いた。日曜日の早朝だけに住宅地は静かで、犬を散歩に連れている人だけが目についた。

mark阿久和町(あくわちょう)

 新中川病院を過ぎた辺りから、雪の冠った富士山の頂きが見えてきた。隼人中・高近くの東海道新幹線の上に架かる陸橋に着いた。ここで、新幹線が来るの待って写真を撮った。

東海道新幹線と富士山を望む
東海道新幹線と富士山を望む

 この陸橋で数枚の写真を撮った後、中村方面へ下る。さらに、バス道を約15分歩き観音寺に着いた。

mark観音寺(かんのんじ)
観音寺
観音寺
ゲートボールを楽しむ
ゲートボールを楽しむ

 当寺は、元和元年、安藤家先祖の冥福を祈るため創建されたといわれ、安藤家代々の守本尊聖観世音菩薩を本尊として安置している。本尊聖観世音菩薩像は、行基の作と伝えられ、楠の1本造りで、彫刻史上僅少の鉈彫で、隠れたる弘仁期の仏像といわれ、二尺六寸六分の立像である。
 寺の裏を少し登った所にゲートボール広場があった。15人ほどの老人達が、元気な声をかけながらゲートボールを楽しんでいた。観音寺前の交差点から、緑園都市の住宅地に向って坂道を登って緑園都市駅に着いた。

⇒ 緑園都市周辺 ウォーキングマップ

二俣川駅(こども自然公園)へ left right 緑園都市駅(緑園キリスト教会)へ