境川周辺を歩く
(弥生台~いずみ中央)

弥生台駅(相鉄いずみ線)~いずみ野駅~本興寺~いちょう団地~境川~飯田神社~いずみ中央駅(相鉄いずみ線)

 寒い日が続く毎日であったが、今日は、午後から小春日和のいい天気になった。久しぶりに相鉄いずみ野線に乗り、新しくなった弥生台の駅で降りる。ここから境川周辺にあるお寺・神社を訪ね、深まりつつある秋を散歩した。

markいずみ野駅(いずみのえき)
和泉トンネルを出る相鉄電車
和泉トンネルを出る相鉄電車
いずみ野駅
いずみ野駅

 9月30日に全面改良された弥生台駅から、いずみ野駅方面に向って線路沿いに歩き出す。途中、東電京浜変電所の横を通り、約20分でいずみ野駅近くの小さな陸橋(並木谷橋)に着く。この橋の上から和泉トンネルを出る相鉄電車の写真を撮る。

mark本興寺(ほんこうじ)

 いずみ野駅前を通り過ぎて、和泉町から上飯田町に入ると車道が急に狭くなり、歩くには車の注意が必要になる。中屋敷の交差点を右折すると、すぐに「本興寺入口」の大きな看板が目に入る。本興寺の境内は、隅々まできれいに掃除されていた。中でも、イチョウの木の大きさと黄色の葉のまぶしさに感嘆し、カメラのシャッターを押した。

本堂
本堂
本興寺のイチョウ
本興寺のイチョウ

 本興寺には、横浜市指定有形文化財(絵画)である「絹本著色法華宝塔曼陀羅」がある。

mark県営いちょう団地(けんえいいちょうだんち)

 県営いちよう団地を通り過ぎると、境川に架かる新緑橋に出た。

県営いちよう団地
県営いちよう団地
境川(新緑橋より)
境川(新緑橋より)

 新緑橋から見える県営いちよう団地は、境川を挟んで泉区と大和市の両側に団地群が続く。境川の川沿いの道は、サイクリングやジョギングなどをする人々で活気があった。

mark飯田神社(いいだじんじゃ)
飯田神社
飯田神社
飯田神社
飯田神社

 飯田神社(小さい神社だが、きれいな神社であった。祭神は源義朝とのこと)から、相鉄のいずみ中央駅までは約30分で着いた。駅前の和泉川にある水辺の広場では、魚釣りや水遊びをしている子供達が、楽しそうに遊んでいた。

⇒ いずみ野周辺 ウォーキングマップ