小樽運河

小樽駅(JR箱館線)~小樽運河~小樽駅(JR箱館線)
mark小樽運河(おたるうんが)
小樽運河
小樽運河

 小樽運河は大正3年(1914)に着工し、大正12年(1923)に完成した埋立方式の運河である。北海道開拓の玄関口として発展した小樽は、日露戦争(1904~05年)後に、樺太・沿海州方面への物資流通の拠点となり、第一次世界大戦中(1914~18年)は、欧州への小麦をはじめとする雑穀類の輸出港として賑わった。沖に停泊する本船と石造倉庫とをつないだのが運河と艀である。小樽が港湾都市として全盛を誇った大正時代末期から昭和時代初期、300艘もの艀が本船と倉庫とを行き来して、人や積荷を運んだ。

石原裕次郎記念館
石原裕次郎記念館
石原裕次郎記念館
息子

 石原裕次郎記念館は俳優、歌手として絶大な人気を誇った不世出の大スター・石原裕次郎の素顔を紹介する。北海道の春はまだ遠い3月に、この4月から札幌で大学生活を送ることになった息子と二人で、小樽の町を訪れた。小樽駅から小樽運河まで歩き、帰りに石原裕次郎記念館に寄ってきた。館内は映像ホール、映画セット、裕次郎コレクション、屋外の愛用のヨットなど、裕次郎の生涯の全てを知ることができる。

愛用のヨット
愛用のヨット
館内
館内

小樽駅へ left right 富良野へ
週末ウォーキング