清水寺
(仁王門・本堂・奥の院・音羽の滝・二寧坂)

・新大阪駅~大阪城~大阪市
・大阪市~京都市
・京都市~東大寺~法隆寺~薬師寺~平等院~京都市
・京都市~清水寺~金閣寺~二条城~京都駅
仁王門(重要文化財)
仁王門(国重要文化財)
鐘楼(重要文化財)
鐘楼(国重要文化財)

 東山三十六峰の南部中央、音羽山中腹の標高100~120mに位置し、墳内地は13万㎡の広さを誇る。本尊は清水寺独特の十一両千手観音立像で、西国三十三所観音霊場の16番札所、洛陽三十三所観音霊場の12番札所である。明治時代初頭まで法相宗に真言宗を兼学していたが、昭和40年(1965)、奈良の法相宗から独立して、北法相宗の大本山となった。なお、本尊は秘仏とされており、開扉は原則として33年ごととなっている。近年は平成21年(2009)に行われた。
 鐘楼は丹塗りの痕跡を残し、木鼻、懸魚など各所に彫刻が施され、桃山様式の特徴をよくとどめている。近年は棟札が発見され、慶長12年(1607)の再建であることが明らかとなった。
 梵鐘は、「文明十(1478)年」「大勧進 願阿上人」という銘文がある青銅製の釣鐘で、胴体部の池の間と縦帯にはこの梵鐘再鋳造の勧進を支援した世話人60余人の法名が刻まれている。公家壬生晴富の日記『晴富宿禰記』にも、この事業のことがみえる。

随求堂
随求堂
大黒天
大黒天

 随求堂は、享保3年(1718)、住職盛松が清水寺の子院慈心院の本堂として再建した堂字である。清水寺には平安時代から随求菩薩の信仰があり、なかでも豊臣秀吉は、篤く菩薩を信仰して後継男子の出生を祈願するため参詣し、秀頼が生まれたおりは慈心院に特別の寺領を寄付したといわれている。なお盛松は、毎月6度、護摩供加持を修法した守り札を参拝者に施与したが、それが洛中に大流行して、現在のお守りの元祖になったとされる。

2010.1.11 清水寺・金閣寺・二条城(世界文化遺産)
2010.1.11 清水寺・金閣寺・二条城(世界文化遺産)
youtube

 東福門院(徳川家光の妹で後水尾天皇中宮)の発願、家光の寄進により再建された。本堂(国宝)のもっとも奥、内々陣中央に安置されている厨子3基は、江戸時代初期を代表するもので、中央の厨子に本尊木造十一両観音立像を、左右の厨子に地蔵菩薩立像と毘沙門天立像を安置する。本堂外陣の欄間を中心に、江戸時代の扁額式大型絵馬が28点かけられている。なかでも海北友雪筆「坂上田村麻呂東征奮戦の図」絵馬は、縦約3m・横約10mと日本最大級のものである。

本堂
本堂
礼堂
礼堂

釈迦堂(重要文化財)
釈迦堂(国重要文化財)
阿弥陀堂
阿弥陀堂(国重要文化財)

 釈迦堂は、昭和50年(1975)の修理のときに、寛永再建時の姿に復旧した。本尊の木造釈迦如来像(平安)は、11~12世紀の美術様式といわれている。北隣の地蔵堂は明治18年(1885)の再建された。
 釈迦堂南隣の阿弥陀堂は、寛永9年(1632)に再建された。本尊は木造阿弥陀如来坐像で、左側に法然上人像、右側に聖観音菩薩像を安置する。

奥の院(重要文化財)
奥の院(国重要文化財)
ふれあい観音
ふれあい観音

音羽の滝(清水の舞台より)
音羽の滝(清水の舞台より)
音羽の滝
音羽の滝

 音羽の滝は、数千万年来湧出する清泉であり、延命長寿諸願成就の霊水として広く仰がれている。飲料、お茶、服薬、習字などにご愛用できる。

二寧坂
二寧坂
二寧坂
二寧坂

二寧坂
二寧坂
京都タワーと市街地
京都タワーと市街地

八坂の塔
八坂の塔
八坂の塔
八坂の塔

 法観寺の五重塔は通称「八坂の塔」と呼ばれ、高さ49m、東寺、興福寺の五重塔に次ぐ高さをもつ。五重塔は聖徳太子が如意輪観音の夢告により建てたとされる。